このページの本文へ

横や後ろを向いても顔を認識

余ったスマホが月500円でクラウドカメラになる「VLOGサービス」

2015年10月29日 21時37分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
コンシューマー向けビデオログサービス「VLOGサービス」

 ブイログは10月29日、コンシューマー向けビデオログサービス「VLOGサービス」を発表した。同サービスを11月1日より開始し、さらに、ウェブカメラ「VLOG CAM VCC-1」を12月に発売するとアナウンスした。

 VLOGサービスは、スマホのカメラまたはVLOG CAM VCC-1がとらえた映像をビデオログとしてクラウドに一定期間保存し、家族や友達でシェアできるサービス。余っているスマホまたはVLOG CAM VCC-1を設置し、普段使っているスマホから専用アプリを通じてビデオログを確認できる。外出先から自宅の様子を見たり、離れている家族の様子の見守り、倉庫や店舗の監視カメラ代わりなどの使用を想定している。

「Deep Learning」を活用したクラウドセンシング技術により映像を解析。家族の顔を認識して様々なサービスにつなげる

 12月にはDeep Learningを利用を活用したクラウド連携型の顔認識サービスも開始する予定だ。VLOGサービスに搭載される顔認識は、Deep Learningやその他機械学習のアルゴリズムを独自のノウハウで組み合わせることで、正面顔だけではなく横顔や後ろ姿なども認識して個人を判別できる。専用アプリに搭載されている「顔フィルター」を使えば、登録した人の1日を振り返ることが可能だ。なお、顔認識オプションの利用料は未定だ。

 専用アプリは300円で、ライブ視聴プランは無料で利用できる。2日間の動画をフルタイムで録画する「2days プラン」を月額500円、7日間の動画をフルタイムで録画する「7days プラン」を月額800円で提供する。顔認識の利用には別途オプション契約が必要だ。VLOGサービス専用アプリの対応OSはAndroid 4.1以上、iOS版は11月下旬に発売予定だ。

顔認識のデモ(ビデオ)。複数の人が横や後ろを向いても顔を認識するVLOG CAMはIoTデバイスと連携し、スマホから電化製品をコントロールできる

 VLOG CAM VCC-1はフルHD対応の高画質ネットワークカメラ。視野角は140度で、ナイトビジョン機能、音声双方向も搭載する。IoTデバイス連携機構を搭載し、Bluetooth Smartセントラル機能に対応。Bluetooth Smart対応機器を通じて家庭内のスマート家電をコントロールできる。価格は未定で、VLOG CAMを購入した場合は、月額のVLOGサービス利用料はカメラ購入費用に含まれる。

 ブイログはVLOGサービスのB2CおよびB2B向けパートナーとしてアイ・オー・データ機器、富士ソフトと協業を発表。製品製造やB2Bパッケージソリューションの開発・販売を共同でおこなうという。

ブイログ代表取締役 菊池正和氏。現時点で2日/7日が用意されているVLOGサービスのプランについて「ユーザーの声を聞いた上で今後も様々なプランの提供を考えていく」と話した
富士ソフト 常務執行役員 田原大氏。富士ソフトはVLOGクラウドシステムをベースにしたB2B向けパッケージソリューションの開発・販売を担当
アイ・オー・データ機器 代表取締役社長 細野明雄氏。アイ・オー・データ機器のネットワークカメラが検知した映像をVLOGクラウドに保存するサービスなどを提供する予定だ

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART