このページの本文へ

富士通がPCと携帯事業を分社化、IoTビジネスに注力へ

2015年10月29日 19時40分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は10月29日、パソコンならびに携帯電話ビジネスを分割、それぞれ富士通100%子会社となる新会社を設立する新事業体制を発表した。

富士通の新たな事業体制

 富士通はパソコンおよびスマホ部門の分割子会社化の理由として、ユビキタスビジネスを取り巻く市場環境のコモディティ化とグローバルベンダーとの競争激化を挙げており、これまで以上に迅速な経営判断と効率的な開発体制の構築が必要と判断した。

 富士通は今後、市場拡大が期待できるIoTビジネスへの全社レベルの取り組みをさらに進め、グループ内に分散しているIoT関連技術や企画開発、製造や営業部門を全社IoT部門に集約、中核事業として強化する構え。


カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART