このページの本文へ

新通販サイト「omni7」は11月1日開始

セブン&アイ、オムニチャネル基盤を本格的に構築

2015年10月29日 14時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)がオムニチャネル戦略の本格展開を支えるIT基盤を構築した。支援した日本オラクルが10月29日、発表した。

 セブン&アイは「いつでも、どこでも、スムーズに、お客様が求める商品を購入でき、人に紹介したくなるサービス」をコンセプトに、セブン-イレブンをはじめとする国内1万9000以上の店舗とインターネット販売を融合させるオムニチャネル構築を進めている。2015年11月1日には、グループ横断型の新通販サイト「omni7(オムニセブン)」を開設し、セブン-イレブン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などグループ企業の商品約180万点を販売する予定だ。また、セブン-イレブンの店頭に専用の注文端末を設置し、店舗で受け取れるようにすることで、ネットと実店舗が融合した「いつでもどこでも買い物を楽しめる環境」を提供するとしている。

 今回の新IT基盤は、複数事業にまたがるECサイトを統合し、顧客にシームレスなオンラインショッピング環境を提供するためのもの。7社9事業のコンタクトセンターも「Oracle Service Cloud」で統合し、一貫性のある顧客対応を実現する。ネットと実店舗との連携においては、全国に拡がるコンビニに6000台の店舗端末を設置してグループ各社の商品の発注・受け取りを可能にしている。今後は、他事業会社の実店舗とECサイトとの連携も拡張していく考え。

 導入されたオラクル製品は、Webサイト上のFAQ検索機能などを提供する「Oracle Service Cloud」のほか、RDBMS「Oracle Database」、高速データベースマシン「Oracle Exadata」、ビッグデータ分析専用マシン「Oracle Big Data Appliance」、バックアップ基盤としての統合ストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」、Oracle Databaseの高可用性を確保する「Oracle Active Data Guard」、セキュリティを確保する「Oracle Audit Vault and Database Firewall」「Oracle Advanced Security」および「Oracle Database Vault」、多数のアプリケーションを超高速に実行するエンジニアド・システム「Oracle Exalogic」、アプリケーションサーバー「Oracle WebLogic Server」、インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」など。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ