このページの本文へ

200Mbpsの帯域も新品目として追加

IIJ、Azureの閉域網サービス「ExpressRoute」の従量制に対応

2015年10月29日 11時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月29日、インターネットイニシアティブ(IIJ)は「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」において、日本マイクロソフトのMicrosoft Azure向けの閉域網接続サービス「ExpressRoute」の「従量制課金データプラン」に対応することを発表した。あわせて、接続帯域の新品目として200Mbpsを追加する。

 IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azureは、ユーザー拠点の社内ネットワークとExpressRouteを、IIJのバックボーン上にあるユーザー専用のプライベートネットワーク「IIJ GIOプライベートバックボーンサービス」を経由し、閉域網で接続するサービス。従来は、ExpressRouteの「無制限データプラン」(月額固定料金)のみに対応していたが、今回送信データ転送量に基づき課金される「従量制課金データプラン」にも対応。ユーザーは利用通信量に合わせてサービスを選択でき、通信量の少ない場合は、より廉価に利用できるという。

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azureの概要図(同社サイトより抜粋)

 また、10Mbpsを新たに契約する場合、IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azureの月額費用が6ヵ月無料になる「10Mbpsスモールスタートキャンペーン」を実施する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ