このページの本文へ

Thermaltake「Riing 14 - 256Color LED」

256色に光るTT製ファンに140mmモデルが追加

2015年10月28日 23時18分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeから、LEDリングを装着した発光ファンとコントローラーがセットになった「Riing 14 - 256Color LED」シリーズが発売された。

LEDリングを装着した発光ファンとコントローラーがセットになった「Riing 14 - 256Color LED」シリーズ

 すでに発売中の120mmモデル「Riing 12」に続くもので、新たに140mmサイズとなるのが特徴。140mmケースファンと、最大3基のファンを接続できLEDカラーやファン回転数を切替が可能なコントローラがセットになっている。

 256色での発光に対応したLEDリングを装備し、レッド、ブルー、ホワイト、グリーン、LEDオフ、スライド発色、256カラーの7段階のLEDモード切替に対応。独自のブレード形状「Wind Blocker Frame」を採用し、高い静圧性能により水冷ラジエーターの冷却に最適という。なお、回転数は800~1400rpmで、最大風圧1.58mmH2O、最大風量51.15CFM、ノイズレベル19~28.1dBA。

256色での発光に対応したLEDリングを装備し、レッド、ブルー、ホワイト、グリーン、LEDオフ、スライド発色、256カラーの7段階のLEDモードに切り替え可能だ

 ラインナップおよび価格は「Riing 14 - 256Color LED」が3240円、「Riing 14 - 256Color LED 3Pack」が7008円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

すでに販売中の「Riing 12」シリーズとともに売れ行きは好調だという

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中