このページの本文へ

アイ・オー・データ、6系統入力のフルHD解像度液晶2機種を発売

2015年11月04日 11時00分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データは11月4日、6系統入力に対応したフルHD解像度液晶ディスプレー「GigaCrysta(ギガクリスタ)」シリーズ2機種を発表した。ラインアップは23.8型の「LCD-RDT242XPB」(予想実売価格4万8400円前後)と27型の「LCD-RDT272XPB」(予想実売価格6万4600円前後)。両製品ともAH-IPS方式で非光沢パネルを採用し、パネルのインチ数や本体サイズ以外の仕様はほぼ同じ。

23.8型の「LCD-RDT242XPB」(予想実売価格4万8400円前後)
27型の「LCD-RDT272XPB」(予想実売価格6万4600円前後)

 「GigaCrysta(ギガクリスタ)」シリーズは超解像技術“ギアクリア・エンジンII”を搭載し、低解像度映像を拡大してぼやけた部分を推定して自動補正。動画のブロックノイズ低減や表示エリアごとの今トラスの調整、10bitガンマ補正などを実現する。パネルに合わせてチューニングされたオーバードライブ機能により、IPS方式では最高クラスの応答速度3.2ミリ秒(GtG)を実現。さらにスルーモードではオーバードライブ機能を有効化したまま内部遅延時間0.05フレームを実現している。

 スルーモードのほか、FPSゲームやMMORPGで役立つ暗部の視認性を向上させる“ナイトクリア ビジョン”機能も搭載。入力系統はHDMI4系統(うち1系統はMHL対応)、DVI-D、アナログRGBの合計6系統で、複数のゲームコンソール接続もラクラク。ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)やピクチャー・オン・ピクチャー(POP)のスマホ入力との複数系統同時表示も行なえる。付属のリモコンはHDMIのCEC機能に対応しており、PS4、PS3や一部レコーダーのメニュー操作も可能だ。

合計6系統の映像入力を搭載するのもトピック

 23.8型の「LCD-RDT242XPB」はフレーム最小部約6.4ミリの狭ベゼル設計でマルチディスプレー環境で高い没入感が得られる。

ベゼル幅約6.4mmの「LCD-RDT242XPB」はマルチティスプレー環境にも適する
「GigaCrysta」シリーズの主なスペック
メーカー アイ・オー・データ
パネル方式 AH-IPS(非光沢パネル)
液晶サイズ 23.8型/27型
画面解像度 1920×1080ドット
輝度 250カンデラ
コントラスト比 1000:1
映像入力端子 アナログRGB、DVI-D(HDCP対応)
HDMI(MHL)×1、HDMI×3
「LCD-RDT242XPB」のサイズ/重量 540(W)×170(D)
×391(H)mm/約4.4kg
「LCD-RDT242XPB」のサイズ 643(W)×230(D)
×445(H)mm/約6.8kg
発売時期 11月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART