このページの本文へ

FREETEL自信のフラグシップ機「SAMURAI 極」は税抜3万9800円! 6型WQHD、8コアCPUなど

2015年10月27日 18時55分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FREETELブランドでスマートフォン/モバイルサービスを提供するプラスワン・マーケティングは都内で発表会を開催。同社初のフラグシップ級端末「SAMURAI 極(KIWAMI)」の詳細を公開するとともに、11月20日に発売すると発表した(11月16日予約開始)。価格は税抜3万9800円。

FREETELのフラグシップ機「SAMURAI 極」が11月20日に発売!

FREETELが自信を持って送り出す
SAMURAI 極は最強クラススペックで税抜3万円台

 SAMURAI 極は限定生産・限定価格をうたって提供されるハイスペックな端末で、主なスペックは6型WQHD解像度のディスプレー、MediaTek製で2GHz動作のオクタコアCPU、3GBメモリー、32GBストレージ、2100万画素カメラ(イン800万画素)、3400mAhバッテリー、Android 5.1など。

FREETEL史上最高の端末とする

 リリースおよび発表会中では、Galaxy S6との比較が行なわれており、同等またはそれ以上のスペックを搭載しながら、半額以下の価格であるとしている。

 また受注生産モデルとして「和柄」モデルも用意される。こちらは蒔絵風の模様が背面に施されており、絵柄の部分は凹凸がある。漆のような深みのある色合いを再現するため、多層塗りを行なったことで、重みがある印象を持つ。

背面には指紋認証センサーも
同じ6型ディスプレーのNexus 6(右)との比較。大型端末なのは間違いない
こちらはさらに限定モデルの「和柄」
触ると凹凸があるのがわかる

エントリーモデルのprioriシリーズに新モデル
スペックが若干上がって、税抜1万2800円

 逆にエントリークラスのLTE対応機として、「priori3 LTE」も11月発売が決定している(極と同じく11月16日から予約受付)。こちらは税抜1万2800円という価格が最大の魅力。発表会中では、価格あたりの「AnTuTu Benchmark」のスコアで、人気格安スマホ中で最高のコストパフォーマンスであることがアピールされた。

低価格で人気のprioriシリーズが第3弾に

 こちらは4.5型FWVGA液晶(480×854ドット)に1GHzのクアッドコアCPU、1GBメモリー、8GBストレージ、800万画素カメラ(イン200万画素)、2100mAhバッテリー(交換可能)、Android 5.1など。エントリークラスの価格ながらドコモXiの3周波数や5GHzの無線LANにも対応する点も特徴的。

コスパの良さを強調
スペック的には決して高くないが、割り切って使える価格が魅力だ
会場にはWindows 10 Mobile搭載で登場予定のKATANAシリーズも展示。部材の発注などは済んでおり、あとはWindows 10 mobileのRTM版リリースを待っている状態とのこと

本格的な海外展開も
まずはメキシコとカンボジアに進出

 発表会では、FREETELがSIMフリーキャリアとして活動していく上で必要なポイントとして「携帯端末」「SIM」「店舗」の3要素を挙げた。端末については今回紹介された2製品に加え、今月2日に発売した「SAMURAI 雅」の好調ぶりを紹介。

3要素ともに力を入れていると語る増田薫CEO

 SAMURAI 雅は税抜1万9800円ながら、5型HD液晶、クアッドコアCPU、2GBメモリーなどを搭載する端末で、同社オンラインストアでは30分、量販店店頭では1日で初期出荷分は完売。この勢いは予想以上だったとのことで、年末商戦に向けてのさらなる増産を約束した。

発売、即初回出荷分完売の雅は増産を約束主要キャリア並かそれ以上の新モデルをリリースしているとする

 SIMではドコモとのL2接続により、ユーザーの要望に応えられる新しいSIMの開発を約束。すでに提供されているiPhone専用SIM(App Storeからのダウンロードが通信量としてカウントされない)以外の新展開も予告した。

 また訪日外国人ユーザー向けのプリペイドSIMも発売予定で、WhatsAppやFacebookなど、外国人のユーザーが頻繁に利用するサービスについて、通信量をカウントしないといった内容を予定する。

訪日外国人向けのSIMでは、彼らが頻繁に利用するアプリで通信量をカウントしないというサービスを展開予定

 通信の快適さも今後の回線増強によって維持していくとしており、11月にも増強すると9月時点の3倍の帯域になるという。

 海外展開も積極的に行なう。今回はメキシコの大手代理店、カンボジアのキャリアとの提携が公表されたほか、南米、北米、中東、シンガポールなどに拠点を置き、話し合いを進めている最中とのことだ。

メキシコとカンボジアの提携先も加わり、国際色豊かな発表会となった

 こうした事業展開を支えるための基盤として、21.3億円の増資を行なったことも公表。同社CEOの増田 薫氏は「しっかりした資本も整えて、しっかりとしたサービスを提供していきたい」と語った。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART