このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第353回

バンド交換が簡単なKnot腕時計の京都組み紐ストラップを衝動買い! 

2015年10月31日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Knotはカストマイズ可能なアフォーダブルな腕時計のルーキーだ
Knotはカストマイズ可能なアフォーダブルな腕時計のルーキーだ

 最近筆者の一番気に入ってるものは、「Knot」(ノット)の腕時計。“着せ替えストラップ”のバリエーションが豊富で華やかな製品だ。すでにモノ系の雑誌などでは何度も紹介されているのでご存じの諸兄も多いだろう。

1つの腕時計でさまざまなストラップの組み合わせを楽しめる 1つの腕時計でさまざまなストラップの組み合わせを楽しめる

 今年(2015年)の春に、腕時計本体1個と、交換できる専用ストラップ(メッシュのブレス系ストラップ)をセットで買った。それから約4ヵ月、計算すると、なんと毎月交換用のストラップを買っている計算になる。

 今回購入した5本目のストラップは、Knotと京都宇治の組紐屋さんとのコラボアイテムである「組み紐ストラップ」だ。数多くのカラーリングが発売されているが、筆者の購入したのは、マスタードオレンジで尾錠などの金属パーツがシルバーのタイプだ。

手軽な価格と豊富なラインナップ……
結果的にストラップをどんどん買ってしまう

今回5本目のストラップしてコレクションに加わったのは組み紐ストラップだ 今回5本目のストラップしてコレクションに加わったのは組み紐ストラップだ

 そもそも交換用ストラップをどんどん買ってしまうには理由がある。1つは、老若男女を問わずストラップを交換するのが極めて簡単なことだ。そしてもう1つ、オプションの交換ストラップが1つ3500~4500円と極めてアフォーダブル(手頃)な価格帯であること。加えて、腕時計本体のカラーに合わせて、尾錠などのカラーも豊富に揃っている。

 国内の腕時計製造工場を積極的に使い、久しく聞かなかった信頼の証“メイド・イン・ジャパン”を前面に押し出す。複雑な流通機構を排除して、直接エンドユーザーに届く仕組みで商品を安く提供したことは、さまざまなメディアにも紹介されている。

 しかし、競争の激しい業界で、それだけではそれほど注目を集められるとは思えない。Knotは腕時計を“時刻を知る”といった実用ツールから、ほかのアイテムとコーディネートする“ファッションアイテム”の1つとして変貌していったタイミングに、そのムーブメントを加速する機能を提供できたことも大きな要素だ。

次ページへ続く、「レバーの付いたバネ棒で交換作業がラクに!

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】COMPUTEX TAIPEI 2016中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART