このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

USBオーディオインターフェース「DS-DAC-10R」のファーストインプレッションをお届け

レコードをずっといい音で、コルグの録音できるDACがスゴイ!

2015年10月25日 11時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コルグはレコードプレイヤーを直接つないで、DSDで録音できるUSBオーディオインターフェース「DS-DAC-10R」を発表しました。DSDのネイティブ再生など、従来のDSD-DACシリーズの機能を引き継ぎ、LINE INとPHONO(フォノ)端子を新設し、意匠設計し直したものです。

 市場想定価格は6万円前後。発売は2015年11月末。あわせてDS-DAC-10Rのレコーディング機能に対応したソフト「AudioGate 4」もリリースされます。その発表会が、2015年10月21日にコルグ本社で行なわれましたので、その印象をまとめてみました。

大きさは幅155×奥行き184×高さ49mm。再生フォーマットは録再ともにDSDが2.8224/5.6448MHz、PCMが44.1/48/88.2/96/176.4/192kHzの16/24bitに対応。ボリュームノブのLEDは、サンプリング周波数と録音状態によって色が変わります
背面にはLINE OUTとUSB端子のほかに、LINE IN/PHONO端子とターンテーブル用のアース端子が。電源はUSBバスパワー。DS-DAC-10に見られたDIGITAL OUTはありません
AudioGate 4をインストールしたパソコンとヘッドフォン、そしてターンテーブルでコンパクトなデジアナコンポーネントが組めます。発表会の会場には、オーディオテクニカのカートリッジAT-95B(AT-95Eのブラックバージョン)が付いたトーレンスTD309が展示されていました

正統派のオーディオ機器へ進化

 筐体はダイキャストに一新され、最近流行りのCDジャケットサイズコンポ風に。持った感じもずしりと重い1.1kgで、楽器メーカーが作るオーディオインターフェースにありがちな、ケースを叩くとチーンと鳴るような安っぽさはありません。これならオーディオ業界のみなさんも納得ではないでしょうか。

 筐体がダイキャストということで、同じデザインのほかのコンポを作る計画でもあるのかと勘ぐってしまいましたが、上面左側が膨らんでいるので、ミニコンポ風にスタックするのは難しそうです。でも、コルグがノリタケと共同開発した例のネオ真空管「Nutube」のパワーアンプなんかがあったら、かなりカッコイイと思うんですが、どんなものでしょうか。

 話を戻して、パネルはボリュームとヘッドフォン端子だけというシンプルさですが、これはAudioGate 4から設定や操作を行なう前提となっているためです。

 そしてDS-DAC-10Rは、なんとフォノイコライザのカーブが選べます。すげー! と言ってもレコードを知らない世代の方には、さっぱりわからないと思われるので、少し説明しましょう。

裏のパネルを開けて基板を見せてもらいました。ADコンバータのチップはスタジオ用のMR-2000Sと同じTIのPCM4202。DAコンバータはMR-2000SやほかのDS-DACシリーズと同じシーラス・ロジックのCS4398ということです
新設された入力部の回路はこのあたり。LINE INとPHONOは、AudioGate 4からの制御でアナログ的にリレーで切り替わる仕組みです

 まず、アナログプレイヤーの出力をそのままライン入力につないでも、出力が低いので鳴りません。それを補うためのアンプが必要です。これをフォノイコライザー、あるいはフォノアンプと言います。これには特定のカーブを持ったイコライザーが載っています。

 レコードは記録する周波数が低くなるほど、盤面に刻まれる溝の幅が大きくなって、記録時間を圧迫してしまうわけです。これを解決するために、カッティング時に低域を落として溝の幅をおさえているのですが、再生時には元の特性に戻すため、逆に低域を持ち上げなければなりません。それでイコライザーが必要なわけです。

イコライザーのカーブで有名なのが、RIAA(Recording Industry Association of America=アメリカレコード協会)の定めたもの。オープンソースのオーディオ編集ソフトAudacityにも、このような形で載っています。これは1kHzを境に低域を持ち上げ、高域をカットする再生時のカーブです

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART