このページの本文へ

McAfee Blog

マルウェアを完全に阻止、4つのステップで脅威を検出して根絶する

2015年10月26日 16時20分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高度な標的型攻撃の19%は、発見するまでに数週間かかり、14%は、発見するまでに数か月かかります。そして、残念ながら、あるレポート(英語サイト)によれば、2%は、表面化するのに数年かかります。

 未検出の攻撃がいたるところに潜んでいる状況では、脅威を素早く特定し根絶できるツールが必要になります。

検出および修正の状態

 残念ながら、異常や脅威が初めて発見されてから、完全な発見と封じ込めに到達するためには、数日あるいは数か月かかることがあります。豊富な資金源を持つハッカーは、自らのスキルを磨きつつ、戦術がより複雑な、さらに高度な攻撃を作成し続けています。さらに、最も破壊的なマルウェアは時間の経過とともに進化するように設計されているので、検出がますます困難になっています。

出典: Driving Efficiency into Malware Detection and Eradication(マルウェアの発見および根絶の効率を促進) – FOCUS 14 プレゼンテーション(英文).

出現しつつある脅威

 標的型攻撃が組織に対して実行された場合、データが盗まれたり、デバイスが侵害されたりするリスクに直面します。つまり、侵害によるデータの漏えいだけでなく、漏れた情報が競争相手に伝わったり、脅威の封じ込めに莫大な費用がかかったり、ブランドの評判が台無しになったりする可能性があります。

 標的型攻撃から防御し、攻撃を検出して修正するための4つの簡単な手順は次のとおりです。

 1.サイバー攻撃のチェーンを知る

 サイバー攻撃の破壊力はそのすべてが1つ1つ異なりますが、ほとんどの攻撃が静かに姿を現し、サイバー攻撃チェーンと呼ばれる、多くの予測可能な段階を経て進行します。侵入者がネットワークに侵入する際に使用する一般的な戦略を理解することで、ご使用のシステムを保護する体制を整えることができます。ネットワーク内でサイバー脅威がたどる攻撃チェーンを特定したら、保護およびリスク緩和戦略を適用できます。さらに、正常なデータフローのベースラインを作成することが、ネットワークの異常を検出するためのベンチマークとして使用するために不可欠です。

 2.セキュリティソリューションを適応させる

 2015年には、ITセキュリティに関する支出は、世界的な規模で760億ドルに達すると予測されています(英文)。毎分362件の新しい脅威(McAfee脅威レポート:2015年第2四半期より)が発生している世界では、脅威保護が今まで以上に不可欠になっています。孤立したポイント製品は、それらがいかに優れていても、今日の攻撃の複雑さには耐えられません。脅威情報を共有し、受動的から予防的なセキュリティ体制に移行することで、脅威状況の変化に対応するような統合ソリューションを使用して、セキュリティを攻撃に負けないように洗練させる必要に迫られています。

 3.外部データを使用する

 会社には、サイバー攻撃を検出して防止するのに役立つ可能性のある自由に使える大量のデータが存在しています。たとえば、ファイルレピュテーションに関するデータを収集することによって、ネットワークの脅威となる可能性のある既知の悪意のあるファイルをブロックすることができます。また、フィッシングメールのデータを分析してURLやドメインのデータを収集したり、マルウェアインジケータを使用して悪意のあるコードがさまざまなデバイスにどのように影響するかを把握したり、攻撃者のネットワークに関する情報を活用することで、どのWebアドレスをブロックすべきかを理解したりできます。

 4.McAfee Threat Intelligence Exchangeによる絞り込み

 データに対する脅威に関して言えば、企業にとって最大の課題の1つは、どのシステムが感染しているかを特定することです。McAfee Threat Intelligence Exchange (TIE) のようなツールを使用することで、悪質なファイルが侵入した場所に絞り込むことができます。この機能は、ファイルが広告削除プログラムから侵入したり、Cドライブのtempフォルダにアイテムをドロップしたり、レジストリキーをフックしたりなど、悪質なファイルがどのように拡散するかまで対処します。TIEは、ローカル情報と外部の脅威フィードを統合できるので、サードパーティ製のデータで脅威を評価することが可能です。

 以上は、お客様の組織でMcAfee Threat Intelligence Exchangeがマルウェアを検出して根絶するのに役立つかについての概要です。

 詳細については、弊社のセールスエンジニアリング担当のシニアディレクターであるChris ColeによるFOCUS 14プレゼンテーション(英語)またはTech Talk Event(英語)をご覧いただき、新しい製品アップデートについて@McAfeeおよび@McAfee_JPをフォローしてください。

 FOCUS 15は日本でも開催されます。
 1日でサイバーセキュリティの最新情報を収集し、知識を深めることができるFOCUS JAPAN、ぜひ今すぐご登録ください。

カンファレンス概要
FOCUS JAPAN 2015 
New. Next. 
~未知の脅威に先手を打つ 新しいセキュリティのカタチ~

開催日時:  2015年11月13日(金) 10:00~19:00(9:30開場) 
会 場 :  ザ・プリンスパークタワー東京 
参加費 :  無料(事前登録制)
対 象 :  企業、官公庁の情報システム部門・セキュリティ管理者
    :  セキュリティ製品の販売店・システム インテグレータの担当者  
主 催 :  インテル セキュリティ(マカフィー株式会社)  

詳細・お申し込みは ≫ こちらから


関連記事:第5回:今だから学ぶ! セキュリティの頻出用語 : マルウェアとは?

関連製品:McAfee Threat Intelligence Exchange (TIE)  未知の脅威を数ミリ秒で検出・防御する、適応型脅威防御ソリューション

※本ページの内容はMcAfee Blogの抄訳です。

原文: Stop Malware Dead in Its Tracks – 4 Steps to Detect & Eradicate Threats
著者: Paul Zimski(product marketing and solution strategy)

■関連サイト
マカフィーblogのエントリー
マカフィー

カテゴリートップへ

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから