このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

メンテナンス性が超優秀、Skylake搭載「ESPRIMO WD2/W」ロードテスト ― 第1回

ロボットみたいに合体変形する内部構造

可変式でメンテナンス性良好、セパレートPC「ESPRIMO WD2/W」が格好いい!

2015年10月30日 11時00分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通の「ESPRIMO WD2/W」は、10月28日から受注開始予定のセパレートPC。ウェブ限定モデルである本機は、セパレート型としてインテルの第6世代プロセッサー「Skylake」を初搭載しているのが特徴だ。

 幸いなことにテスト機が編集部に届いたので4回に渡ってその魅力をお伝えしていこう。今回は外観やメンテナンス性の高い内部構造に注目していく。

用途に応じてネットから見積もり時でカスタマイズが可能なセパレート型デスクトップ「ESPRIMO WD2/W」
試用機の主なスペック
製品名ESPRIMO WD2/W
CPUCore i7 6700(3.40GHz)
チップセットB150 Express チップセット
メインメモリー32GB(デュアルチャネル対応)、PC4-17000 DDR4 SDRAM
ディスプレー(最大解像度)24型ワイド液晶(1920×1200ドット、LEDバックライト、ノングレア)
グラフィックス機能NVIDIA GeForce GTX 745(2GB)
ストレージ1約512GB SSD
光学式ドライブBDXL対応Blu-ray Discドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
通信機能有線LAN(1000BASE-T)
インターフェースUSB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2、PS/2端子
映像出力GeForce GTX 745:DisplayPort端子×2、DVI-D端子
拡張スロットPCI Express x1
サウンド機能マイク端子、ラインイン端子、ヘッドホン端子、ラインアウト端子
本体サイズ幅89×奥行き343×高さ332mm(縦置き時、フット台含まず)
OSWindows 10 Home 64bit

テレビ台にも入る
幅89mmのセパレート型

 本体サイズは幅89×奥行き343×高さ332mmだ。セパレート型だけあって、一般的なミニタワー型やミドルタワー型と比べると幅がかなり小さい。ちなみに横置きも可能な設計なので、いっそテレビ台に収納し、テレビでYouTubeやVODサービスの再生といったことも違和感なくもできる。

「ESPRIMO WD2/W」のフロント部分。幅は見ての通りかなりスリム。右下にはパネルを開かずにUSB 3.0端子×2とマイク・ヘッドホン端子にアクセスできる左上にあるカバーの下には光学ドライブが搭載される

 2014年秋冬モデルにもセパレート型デスクトップ「ESPRIMO WD2/S」が登場していたが、USB 3.0端子の数も4つから6つにアップグレードしている(代わりにUSB 2.0端子は4つ→2つ)。映像端子については選択するグラフィックス機能によって異なる(今回はDisplayPort端子×2、DVI-D端子の構成)。

「ESPRIMO WD2/W」の背面。USB端子や映像端子のほか、液晶ディスプレー向けのサービスコンセントも用意されている

次ページでは、「メンテナンス性が高い! 「ESPRIMO WD2/W」の内部構造

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通 LIFEBOOK QH33
  • 富士通

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通

New Style PC

  • 富士通 LIFEBOOK GH

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通