このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第31回

スローライフ+ミステリーの異色の組み合わせ

今冬配信予定の期待のスマホアプリ「I-アイ-」で農園ゲームが変わる!?

2015年10月26日 15時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KEYROUTE(キールート)は今冬配信予定のiOS/Android向けアプリ『I-アイ-』を発表した。本作はいわゆる農園ゲームのようなジャンルで、ゲームアプリとしての展開だけでなく、コミカライズなども進めていく。

農園ゲームにストーリーがついた!

 本作はどんな願いごとも叶うという謎の島を舞台に、運命に導かれてたどり着く個性豊かなキャラクターと島の生活を楽しむという“ほのぼの”とした箱庭的なゲーム性と、この島に隠されたさまざまな謎を解き明かすというストーリー性が特徴で、“スローライフ性”と“ミステリー性”という相反するかのような要素を融合させたゲームとなっている。
 “ミステリー”と言ったものの、平日20時からテレビでやっているようなミステリードラマのようなものではなく、伝説や怪奇現象を追っていくようなものだという。

 筆者が注目しているのは、箱庭的な農園ゲームにストーリーがあるという点。スマホアプリとしていわゆる“放置ゲー”のひとつである農園ゲームでは基本的にストーリー要素は無い。畑を耕し、種を巻き、作物を収穫する…という一連の流れをまったり繰り返していくのが主だった。

 しかし、本作ではストーリーへの作りこみをかなり行なったようだ。さらにキャラクターそれぞれにも着目できるようなゲームシステムにしているとのこと。

ジェイクオリビア

コミカライズや描き下ろし主題歌などで盛り上がる

 『I-アイ-』に期待しているのはストーリーなどだけではない。
 まずは先にも上げたコミカライズについて。アプリのリリース時よりゲームと連動した新作マンガの連載が少女コミック雑誌「花とゆめ」で中村世子さんによって12月5日(土)発売の1号より開始予定となっている。

 また、本作の主題歌にはジブリ映画「ゲド戦記」の挿入歌である「テルーの唄」や「コクリコ坂から」の主題歌で有名な歌手、手嶌葵さんが抜擢されている。タイトルは「輝きの庭~I'm not alone~」。

 さらには、『I-アイ-』本編配信前から配信前から本作につながるゲームアプリ「プロローグアプリ」を配信前から毎週連続で配信予定となっている。本編で登場するキャラクターたちがゲームの舞台となる謎の島に訪れるまでのストーリーをテーマとしている。

 公式サイトではゲーム内アイテムであるオーブを10個もらえる事前登録も行なっているので、気になる方はぜひとも登録してみてほしい。

I-アイ-
メーカー:キールート
配信予定日:今冬予定
価格:無料(ゲーム内課金あり)
対応OS:iOS7.0以降/Android4.0以上

■関連サイト
I-アイ-

©KEYROUTE CO., LTD. All rights reserved.

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社