このページの本文へ

さらにプランによっては通信速度も向上

IIJのM2M/IoT向け通信サービス、11月から容量大幅引き上げ

2015年10月21日 13時09分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プレスリリースに記載の料金表

 インターネットイニシアティブは10月21日、ワイヤレスM2M(Machine to Machine)専用のデータ通信サービス「IIJモバイルM2Mアクセスサービス」の月間通信量の増量と通信速度の引き上げを実施すると発表した。

 IIJモバイルM2Mアクセスサービスは、M2M、IoT(Internet of Things)用途に特化した回線。対象となるのはNTTドコモのLTE/3Gエリアに対応した「タイプD」と、KDDIのau 4G LTEエリアに対応した「タイプK」で、両タイプで提供している「プランA」と「プランB」の基本料金に含まれる月間通信量を30MBから500MBに増量する。さらにプランBでは、下り通信速度を最大256kbpsに向上し、さらに上り通信速度の制限を解除する。月間通信量の増量と通信速度の引き上げは2015年11月4日から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART