このページの本文へ

ポールは約30cm~80cmで長さ調節可能

スマホ対応、ペットや赤ちゃんの目線でローアングル撮影できるカメラ台車

2015年10月20日 16時09分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホ対応のカメラ用台車「アイドリー(DN-131704)」

 上海問屋は10月19日、スマホ対応のカメラ用台車「アイドリー(DN-131704)」を発売した。価格は4999円。

手軽にペットや赤ちゃん目線の動画を撮影できる

 同製品は、子どもやペット目線の「アイコンタクト動画」の撮影に適した台車。スマホやデジタルカメラを取り付けられる小型の台車に、操作用のポールを搭載するし、赤ちゃんやペットの目線の高さにカメラを設置できる。

 周囲を回りつつ、様々な方向から撮影したり、正面からそっと近づくなど、ポールの動かし方ひとつでカメラを自在に操作できるという。赤ちゃんやペットに限らず、映画撮影などで低いアングルからのドリーショットにも使用できる。

 持ち手のポールは約30cm~80cmの間で長さを調節できる。台車の前輪・後輪は、上のネジをゆるめると左右に向きを変えられる。車輪の向きはネジを締めて固定できる。雲台にスマホホルダーを取り付ければ、スマホでも撮影できる。雲台には直接デジタルカメラを装着可能だ。

約30cm~80cmの間で長さを調節できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ