このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界最高のWindowsノートPCが爆誕!?

デル、超狭額縁ハイエンドモバイル『XPS 13』やGTX960M搭載『XPS 15』を発売開始

2015年10月20日 15時45分更新

文● ジサトラアキラゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは10月20日に新製品記者発表会を行ない、”世界最小のWindows搭載ノートパソコン”をうたう、XPS新シリーズ2製品の発売開始した。

マーケティング統括本部 ビジネス&コンシューマーマーケティング本部ディレクター田尻祥一氏

 マーケティング統括本部 ビジネス&コンシューマーマーケティング本部ディレクター田尻祥一氏は、「XPSは『Extreme Performance System』の略」とし、同社PCで、最上位のブランドを紹介した。

 2015年1年に発売されたのXPS13前モデルは、コンシューマーとビジネスを合わせて販売台数が対前年比5倍となり、非常に高い人気であったという。また、今月GOOD DESIGN AWARD 2015を受賞、ユーザーからも「最高のマシン、かっこいい、起動が速い、小さいけど見やすい、、キーボードが打ちやすい、バッテリー駆動時間が長い」といった声が寄せられるなど、高評価だった。

 XPSは家電量販店での展示・販売が拡大中で、2015年1月のモデルは直販のみだったが、今回発表された製品は、12月にはXPSに興味があるユーザーが多い都市部を中心に380店舗まで増やす予定だ。

XPS 13は発売以来、好調な売れ行きユーザーからは好評
ライアント製品&ソリューションマーケティング本部 コンシューマー製品部マネージャーの添田貴嗣氏

 このように高い評価を得た「XPSがさらに進化した」ポイントを紹介したのが、クライアント製品&ソリューションマーケティング本部 コンシューマー製品部マネージャーの添田貴嗣氏だ。

USB 3.1 Type-Cや第6世代Coreなど
最新技術を盛り込んだ新型13インチノート「XPS 13」

New XPS 13
左側面に電源、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt、USB 3.0、ヘッドホンジャック右側面にSDカードスロット、USB3.0(PowerShare対応)

 「New XPS 13」は前モデルと同じく、11インチクラスのボディーに13インチディスプレーを収めた、「世界最小の13インチパソコン」。新たに第6世代インテルCoreプロセッサーを採用し、「4〜5年前のPCと比べると2.5倍の性能アップなので買い替えにオススメ」だという。

 また、「現在考えうる最速のインターフェース」である『Thunderbolt 3 with USB 3.1 Type-C』を搭載。上位モデルはPCIe接続のSSDを採用するなど、ユーザーが体感しやすい部分での高速化が図られている。

 ボディーカラーはシルバーに加えて、新たにゴールドを発表した。

 ここで、「A社の13インチ ノートパソコン」(画像はMacbook Air 13だった)を比較対象にし、5.2ミリの極薄ベゼルなどにより17%筐体サイズが小さいながら、液晶サイズを確保していることや、バッテリー駆動時間も最大18時間駆動とし、世界最長レベルだとアピールした。

カラーバリエーションはゴールドが追加MacBook Airを例に挙げつつ、XPS 13の魅力を訴求
New XPS 13(直販モデル)のおもなスペック
モデル名 スタンダード プレミアム プラチナ プラチナ・QHD+タッチパネル
CPU Core i5-6200U(2コア/4スレッド、2.3GHz、最大2.8GHz) Core i7-6500U(2コア/4スレッド、2.5GHz、最大3.1GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
メモリー 4GB DDR3 8GB DDR3
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD(PCIe接続)
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット) 13.3型(3200×1800ドット)、IGZO液晶
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×2、Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート×1、ヘッドセット/ヘッドフォン端子×1、メディアカードスロット
内蔵カメラ 720pウェブカメラ
スピーカー ステレオスピーカー(Waves MaxxAudio Pro調整済み)
バッテリー駆動時間 最大18時間
サイズ/重量 およそ幅304×奥行200×高さ15mm/約1.2kg およそ幅304×奥行200×高さ15mm/約1.29kg
OS Windows 10 Home(64bit)

XPS 13と同じコンセプトで4Kディスプレー搭載
パワーを求めるユーザー向けの「XPS 15」

New XPS 15
左側面に電源、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt、USB 3.0、ヘッドホンジャック右側面にSDカードスロット、USB3.0(PowerShare対応)

 続いて、日本では初登場となるラインアップの「New XPS 15」。XPS 13のコンセプトと同じで“世界最小の15インチノートパソコン”を実現したもので、スペック面では、クアッドコアのCPU、DDR4メモリー、4K IGZOディスプレー、GeForce GTX960Mを選択可能などとスペック重視のPCだ。「XPS 13はモバイル重視、XPS 15はパワー重視」という棲みわけのようだ。

XPS 15は同13と比べて、よりパワフル

 両製品の発売時期は、直販ストアでは本日(10月20日)から、量販店では11月中旬を予定している。

New XPS 15(直販モデル)のおもなスペック
モデル名 スタンダード プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル
CPU Core i5-6300HQ(4コア/4スレッド、2.3GHz、最大3.2GHz) Core i7-6700HQ(4コア/8スレッド、2.6GHz、最大3.5GHz)
グラフィックス GeForce GTX960M
メモリー 8GB(DDR4) 16GB(DDR4)
ストレージ 1TB HDD(+32GBキャッシュ) 512GB SSD(PCIe接続)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット) 15.6型(3840×2160ドット)、IGZO液晶
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×2、HDMI出力×1、Thunderbolt 3/USB 3.1 Type-Cポート×1、ヘッドセット/ヘッドフォン端子×1、SDXCカードスロット
内蔵カメラ 720pウェブカメラ
スピーカー ステレオスピーカー(Waves MaxxAudio Pro調整済み)
バッテリー駆動時間 最大10時間
サイズ/重量 およそ幅357×奥行235×高さ17mm/約1.78kg およそ幅357×奥行235×高さ17mm/約2kg
OS Windows 10 Home(64bit)

(次ページ「デザイン担当者が語るXPSシリーズのこだわり」へ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー