このページの本文へ

3Dモデルに設定されたアニメーションをARアプリで再生可能!

ウェブ標準技術でiOS、Android対応ARアプリが開発可能な「Wikitude SDK」

2015年10月20日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wikitude SDK」

 グレープシティは10月20日、HTML/JavaScript/CSSなどのウェブ標準技術でAR(拡張現実)アプリが開発できる「Wikitude SDK」、ブラウザー上でARコンテンツが作成可能なクラウドサービス「Wikitude Studio」、大規模AR開発ソリューション「Wikitude Cloud Recognition」を発表した。

 Wikitude SDKは、場所を認識してARコンテンツを重ねる「ロケーションベース型」と、任意の画像を認識してARコンテンツを重ねる「画像認識型」の両方をサポート。iOS、Android、スマートグラスに対応するネイティブアプリの開発ができる。Xamarin やCordova、Titanium、Unityなどの開発環境のプラグインも無償で提供する。HTML/JavaScript/CSSなどのウェブ標準技術で開発可能なので、iOS/Android間で開発したアプリの移植や転用が容易にできるとしている。

 また、Wikitude SDKに付属する「3D Encorder」を使用して、3Dモデルに設定されたアニメーションをARアプリで再生できるように最適化可能なのも特徴だ。アニメーションが複数ある場合もそれぞれを認識して個別のIDで管理するので、任意のアニメーションを任意のタイミングで再生することも可能だ。

レーダー機能を使用するとデバイスとターゲット画像の位置をレーダーチャットにリアルタイムでプロットしてアプリ上に表示できる

 ロケーション認識機能により、アプリがインストールされたデバイスの位置とターゲット画像の緯度と経度、高度による3次元で認識する。これにより、レーダー機能を使用すると2点の位置(デバイスとターゲット画像の位置)をレーダーチャットの上にリアルタイムでプロットし、アプリ上に表示することが可能だ。

 Wikitudeのコンピューター・ビジョン・エンジン(ARエンジン)は、デバイスのカメラの視界に入る風景を立体的に管理してトラッキングする。これにより、ターゲット画像の周囲にある物体の形と大きさや距離、方向を記憶するため、ターゲット画像がカメラの視野から外れても内部的にトラッキングが続くのでARコンテンツが消失することはないという。

 なお、Wikitude SDKは開発、デバック&テストの間は無料で使用でき、配布&運用する際にライセンス購入&アクティベーション(1アプリごと)が必要となる。価格は以下の通り。

配布&運用時にライセンス購入&アクティベーションが必要になる
Wikitude SDKのラインナップと価格
SDK Lite(iOS/Android) SDK Pro(iOS/Android) SDK Pro(Epson/Vuzix) SDK Pro+(iOS/Android) SDK Pro+ Unlimited(iOS/Android)
Android
iOS
Smart Glass
ロケーションベース型AR
画像認識型AR
アクティベーション 1アプリOn Android or iOS 1アプリOn Android or iOS 1アプリOn Android or iOS or Smart Glass 1アプリOn Android or iOS アプリ数無制限On Android or iOS
価格 12万960円 20万880円 50万1120円 40万2840円 92万7720円

ノンプログラミングでARコンテンツの体験や制作・管理が可能な
「Wikitude Studio」

 Wikitude Studioは、ウェブブラウザー上でARコンテンツを体験したり、制作・管理も可能なウェブサービス。ブラウザー上でいくつかの設定を行なうだけで、簡単にARコンテンツが制作できるという。制作したコンテンツは、Wikitudeが提供する無償のAR認識アプリ「Wikitude App」で表示できる。なお、価格は以下の通り。

Wikitude Studioの価格
ターゲット数 価格(月間サブスクリプション) 価格(年間サブスクリプション)
25ターゲット 8640円 9万1800円
50ターゲット 1万6200円 16万6320円
100ターゲット 2万7000円 27万7560円
250ターゲット 5万5080円 55万6200円
500ターゲット 9万1800円 92万7720円
1000ターゲット 14万7960円 148万5000円

ターゲット画像のトラッキングをサーバー側で処理、大量のターゲットでも迅速な応答が可能な
「Wikitude Cloud Recognition」

Cloud Recognition

 Wikitude SDKで作成したターゲット画像の認識をクラウド上で実施するサービス「Cloud Recognition」も提供する。カメラがとらえた映像を「Restful Web API」でCloud Recognitionのサーバーに送信することで、アップロードされたターゲット画像のトラッキングをサーバーが処理する。これにより、大量のターゲットが存在しても高い認識率と迅速な応答を得ることが可能だとしている。価格は以下の通り。

Wikitude Cloud Recognitionの価格
ライセンス数 月間サブスクリプション 年間サブスクリプション
1000ターゲット 3万9960円 40万8240円
1万ターゲット 7万9920円 80万3520円
2万5000ターゲット 10万440円 101万4120円
5万ターゲット 12万960円 121万1760円
10万ターゲット 15万9840円 160万8120円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART