このページの本文へ

この発想はなかった

後で加工する必要ナシ、いつでも目元をぼかせるiPhoneケース型モザイク

2015年10月19日 20時16分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホケース型携帯モザイク「eyeMosaic Bar」

 雑貨、家具などを手掛けるエコードワークスは10月16日、スマホケース型携帯モザイク「eyeMosaic Bar」を発売した。

iPhoneの背面にあたる部分にモザイクをプリント。ミラーとICカードホルダー内蔵モデルもラインアップ。

 eyeMosaic Barは、iPhoneカバー型のモザイクバーで、iPhoneの背面にあたる部分にモザイクがプリントされており、撮影時にサッと構えるだけで目元にモザイクを施せる。対応機種はiPhone 6/6s。価格は2916円。ミラーとICカードホルダー内蔵モデルも用意され、価格は4320円。

なるほど、これはスマート……。

 エコードワークスのサイトでは、スマートフォンを腕に装着できるバンド「SmarphoWatch」も開発を表明している。「市場にひしめくスマートウォッチとは一線を画すワイドスクリーン」「スマートウォッチの利便性とスマートフォンの機能性を両立する革新的発想」などメリットが紹介されている。価格・発売時期は未定。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中