このページの本文へ

90秒で交換、再処理によりオイルの無駄も減らせて環境にもやさしい

まるでプリンターインクカートリッジのような新自動車オイル交換方法

2015年10月19日 17時37分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カストロール Nexcelエンジンオイルカートリッジ 

 BPカストロールは10月8日、自動車のエンジンオイルの新たな交換方法としてカートリッジ方式の「Nexcel(ネクセル)」を発表した。

 オイルフィルターを内蔵したタンクにエンジンオイルを収め、カートリッジ形式で自動車に搭載する。整備工場などでのオイル交換は従来20分程度かかるが、カートリッジを取り替えるだけなので約90秒で交換完了。回収されたカートリッジのオイルは再処理し、潤滑油として再精製するため環境にもやさしい。すべてのトラックがNexcelを採用すれば、年間でタンクローリー20万台分以上のオイル製造を節約できるという。

エンジンルームに装着されたNexcel

 新しいアストンマーチンのサーキット専用モデル「ヴァルカン」の標準装備として設置される。同社によるとNexcelはさまざまな車種に適応でき、ほかの車両も5年以内に標準装備を進めるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART