このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第23回

アクションセンターもWin+Aキーで簡単に開く

Windows 10がいろいろ捗る「新ショートカットキー」を教えて!

2015年10月19日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Win+Qキーでコルタナの音声入力を起動できる

調査依頼
Windows 10がいろいろ捗るショートカットキーは?

 Windows 10でも、もちろんショートカットキーが活躍する。ショートカットキーとは、複数のキーを組み合わせて押すことで特定の操作を可能とするもの。Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vでペーストなどのショートカットはご存じだろう。

Win+Aキーでアクションセンターが開く。通知を確認する際に便利だ

 Windows 10の新機能にも新たにショートカットが割り振られているので、覚えておくと効率的に操作できるのでお勧めだ。例えば、会話型アシスタント機能の「コルタナ」はWin+Qキーで起動できる。マウス操作では画面端に動かさなくてはならないアクションセンターもWin+Aキーで簡単に開く。

 仮想デスクトップでも、ショートカットが有効だ。Win+Ctrl+Dキーで仮想デスクトップが追加される。今まで開いていたウィンドウが消えるので、すぐにわかるだろう。仮想デスクトップの切り替えは、Win+Ctrl+左右の矢印キーで行う。表示している仮想デスクトップを閉じるのはWin+Ctrl+F4キーでOKだ。ちなみに、Win+Tabキーで、ウィンドウのと仮想デスクトップの選択画面が開く。

Win+→で右半分にスナップした後、↑キーを押せば、4分の1サイズでスナップできる

 Win+左右の矢印キーを押すと、アクティブウィンドウが画面の左右にスナップされるのは従来と同じだが、Windows 10では、さらにその状態からWin+上下の矢印キーを押すことで、画面の4分の1にスナップできる。


これでズバッと解決!

 Windows 10で追加されたり変更されたショートカットキーは多い。Win+QやWin+A、Win+Tabキーなどは押さえておこう。


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART