このページの本文へ

ELECOM「M-XT2DRBK」、「M-XT2URBK」

「のせ心地」まで追求! 進化したトラックボールがエレコムから

2015年10月17日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムから、「のせ心地」までを追求したワイヤレストラックボール「M-XT2DRBK」とワイヤードタイプの「M-XT2URBK」が登場。パソコンハウス東映やテクノハウス東映、東映ランドで販売中だ。

「のせ心地」までを追求したトラックボール「M-XT2DRBK」と「M-XT2URBK」がエレコムから登場

 昨年発売された「M-XT1DRBK」と「M-XT1URBK」の最新モデルとなる「M-XT2DRBK」と「M-XT2URBK」は、
操作時に手のひらに接触する6つの骨格・筋肉に着目し、わずかな窪みや膨らみまで徹底的に考慮して設計。ラックボールに手のひらをのせると、まるで手のひらの形がそのまま映し出されたかのような「のせ心地」を実現し、快適な操作性を持続できるため、指、手のひら、手首にかかる負担を軽減する。

 ボールの動きを検出するセンサーには、ゲーミンググレードの高性能光学式センサーを搭載し、新型の高性能レンズと周辺の光学設計の最適化で抜群のポインター追従性を実現。直径2.5mmという大型人工ルビーをボールに採用することで、操作感をさらに向上させた。

直径2.5mmという大型人工ルビーをボールに採用することで、操作感をさらに向上させた新モデル

 基本スペックは、左右クリックボタンのほか、「進む」「戻る」操作に便利なサイドボタン、左右スクロール可能なチルトホイール、押している間だけポインタ速度が遅くなる減速スイッチを搭載。左右クリックと減速スイッチには、高耐久なオムロン製を採用。ポインタ速度は1500/750カウントの2段階切り替えに対応する。

 サイズは94.7(W)×124.4(D)×47.9(H)mm、重量は約128g。ワイヤレスモデルは単3電池×1で動作し、連続動作時間最大約125時間(ハイスピード時約76時間)、連続待機時間最大約694日、想定使用可能時間は最大約273日間。なお、Web限定モデルとして左手用の「M-XT4DRBK」も用意されている。

 価格は「M-XT2DRBK」が4680円、「M-XT2URBK」が3680円となっている。

価格は4000円中盤から。Web限定モデルながら、珍しい左手用の「M-XT4DRBK」も用意されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中