このページの本文へ

日本上陸から6年

Jimdoが国内100万サイト突破、初のテレビCMも

2015年10月16日 16時10分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

日本上陸から6年あまり。ドイツ生まれのWebページ作成サービスJimdo」の国内開設サイト数が100万サイトを超えた。

Jimdoは、動画や画像、テキストなどの「部品」をブラウザー上で配置していくだけで、Webページを作成できるサービス。独ジンドゥーが開発し、国内では2009年からKDDIウェブコミュニケーションズが提供している(関連記事)。広告付きの無料版のほか、広告非表示の「Pro」(月額945円)、上位版の「Business」(月額2415円)がある。

100万サイト突破を記念して制作されたインフォグラフィック(Jimdoの公式サイトより)

Jimdoのグローバルでのサイト開設数は、現在1500万サイト。国別サイト数で日本はドイツに次いで2位だという。利用者の約6割は個人事業主や経営者、7割近くがビジネス用途で開設しており、小規模な事業者のホームページやネットショップによく使われているようだ。

これまでセミナーやイベント、コミュニティ活動などを通じてクチコミによる認知拡大に取り組んできたが、17日からは同社初となるテレビCMを放映する。CM放映に合わせて各地でセミナーも開催する計画で、「CMオンエアによって勢いをつけ、サイト数を300万までもっていきたい」(Jimdo事業部の駒井健生ゼネラルマネージャー)という。


今後、11月中旬をめどに、モリサワ提供によるWebフォントの追加、国内向け新レイアウトテンプレート「Tokyo」の提供など、機能面での拡充も計画している。また、「日本独自の決済機能の検討や、優秀なスタートアップとの連携なども視野に入れている」(駒井氏)とのことだ。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング