このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第428回

iPhone 6s Plusの「Live Photos」で猫の決定的瞬間を残す!

2015年10月16日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
自転車で走ってたら人なつこい猫を道路際で発見。近づいたらごろんと転がってくれたのでギリギリまで寄ってiPhoneを低い位置に置いて撮ってみた。自分ごと動くと猫が反応しちゃうので腕だけ伸ばしてそっと(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)
自転車で走ってたら人なつこい猫を道路際で発見。近づいたらごろんと転がってくれたのでギリギリまで寄ってiPhoneを低い位置に置いて撮ってみた。自分ごと動くと猫が反応しちゃうので腕だけ伸ばしてそっと(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)

 前回紹介した、爪を研ぎすぎて壊れてしまった「猫スリバチ」。もちろんすぐに注文したのである。

 そのとき手元にあった「iPhone 6s Plus」でとっさに撮ったのがこちら。届いたとたんにこれである。

新品の猫スリバチを見つけてさっそく転がってるうちの「かふか」。爪を研いだらここに転がって背中をこすりつけるのが一連のパターン(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)
新品の猫スリバチを見つけてさっそく転がってるうちの「かふか」。爪を研いだらここに転がって背中をこすりつけるのが一連のパターン(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)

 スリバチの上で丸くなってゴロゴロしてるの図。でも写真だといまひとつゴロゴロ感が伝わらない。

 いやちょっとまてよ、そういえば「Live Photos」モードで撮った気がする。

 iPhone 6s/6s Plusのカメラ機能には「Live Photos」ってモードがあって、それで撮った写真はシャッターを切った前後1.5秒ずつ(最大)動画も同時に撮ってるのだ。

 「写真」アプリで開くと、うにょんと一瞬だけ動くのがわかる。

 瞬間芸を記録する機能なのだ。

 このLive Photos、今のところウェブ上でうまく見せる方法がないので、iPhoneの画面をそのまま動画キャプチャしております。

 お次はこんなカットだとLive Photosが面白いという例を。

 先日、川崎市の猫がいっぱいいるとこで撮った写真。

 端っこにちょこんと座ってる猫を撮ろうとしたら、手前を別のデカイ猫が悠々と横切ってくださいまして、慌ててシャッターを切ったのがこちら。

目の前を猫が横切る瞬間を狙ってみた。ちょうどいいタイミングで撮れたのである(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)
目の前を猫が横切る瞬間を狙ってみた。ちょうどいいタイミングで撮れたのである(2015年10月 アップル iPhone 6s Plus)

 これをLive Photosで見ると、以下の動画となる。

 実際には、iPhoneの画面をぐっと押してる(そうすると動画再生がはじまる)。撮影の邪魔をされた瞬間が収められてました。

 こんな状態で、ギリギリのタイミングで撮ったというのがわかるかと思う。

 今月は横切り猫に恵まれてたようで、こちらは川崎市の別の場所。

 一瞬躊躇して、そのまま歩いて行っちゃいました。

 こちらは動画のみ。Live Photosモードにしてたのをすっかり忘れてたので途中でカメラブレれてるけど、一瞬躊躇してから脇を抜けていく様子が面白い。相手を無視してすっと脇を抜けるのが猫っぽい。

 動画できちっと撮るのもいいけれども、普通に写真を撮ったらその前後の動画もついてきたという軽さがよい。あとで見返したときも「そうそう、この瞬間を撮ったのだ」と思い出せる。スマートフォン的には実にアリだと思う。

(次ページに続く、「iPhoneのほうが警戒されないので猫撮りには便利

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART