このページの本文へ

Retina級液晶や3G搭載のWin 10&AndroidのデュアルOSタブレット

2015年10月15日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPad風なボディに高解像度ディスプレーや3G通信機能を搭載する、Windows 10とAndroidのデュアルOSタブレット「V919 3G Air」が発売。メーカーは中国のONDAで、パソコンハウス東映など東映無線各店にて2万6980円で販売中だ。

最新OSのWindows 10とAndroidが同居する、高機能なデュアルOSタブレットが入荷。端末はもとより、パッケージもiPad風なデザインになっている

 iPadを意識したパッケージや端末デザインがちょっと気になる、Windows 10とAndroidデュアルブートの新型中華タブレット。画面サイズはiPadシリーズ同様の9.7型で、ディスプレーは“Retina級”となる2048×1536ドットの高解像度IPS液晶が採用されている。さらに安価ながら3G通信機能も搭載するなど、(見た目はともかく)コストパフォーマンスの高さが際立つ端末だ。

 プロセッサーはクアッドコアのIntel Atom Z3736F(最大2.13GHz)、メモリー2GB、ストレージ64GBを実装。フロント200万画素/リア500万画素のカメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.0、無線LAN、3G通信に対応している。ただしショップによれば、「通信機能は保証対象外」とのこと。

見た目はアレだが、タブレットとしてはなかなか優秀。高クロックの4コアSoCやRatina級のディスプレーを備えるほか、3G通信機能も搭載している
何やらiPadをイメージしたmicroUSBとスピーカーの配置。なおインターフェースは、microUSB、microSDスロット、3G対応のmicroSIMスロットを備えている

 なお、OSはWindows 10 Home(32bit)とAndroid 4.4の2つを搭載し、それぞれのOS上から切り替え可能。また、OSはいずれもマルチランゲージ対応の中文版。言語パックをダウンロードすることで日本語環境で使用することができるものの、こちらも自己責任になる点には注意が必要だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART