このページの本文へ

DJIの4Kジンバルカメラ「Osmo」

ドローンの技術が詰め込まれたスティック型4Kカメラを体験

2015年10月14日 21時29分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
三軸ジンバル搭載4Kカメラ「Osmo」を体験

 ドローン大手のDJIが10月14日、三軸ジンバル搭載4Kカメラ「Osmo」のメディア向け体験イベントを開催した。



 Osmoはドローンに使われるブレ補正技術を応用したスティック型カメラ。手持ちハンドルの上に三軸ジンバルを搭載し、ジンバルに球状カメラがマウントされた構造で、前後左右に揺れてもブレを抑えるほか、カメラの方向を固定して水平を保つことも可能だ。

 カメラは1/2.3型センサーを採用し、最大30fpsの4Kまたは60fpsの1080pの動画および12メガピクセルの静止画が撮影可能だ。

グリップ側面に装着したスマホを見ながら撮影する
オンランストアでの価格は8万5000円。拡張ロッド、自転車用マウントや、OsmoにマイクやLEDライトを装着するためのマウントなどもオプションで用意する。

 実際にOsmoを使って撮影したカメラマンによると、動きまわる子どもやペットの撮影で使いやすいという。従来なら大掛かりな機材が必要になるブレの少ない映像が気軽に撮影できる点や、小型なので遊具などに入り込める点、レンズの歪みを補正するため編集の手間が少ない点などを紹介した。

女性には少々重たいがグリップが手に馴染むので安定して持てる

 筆者はデジタルビデオカメラもほとんど扱ったことがないビデオ初心者だが、Osmoを持ってボタンを押すだけですぐに滑らかな映像が撮影できた。ローアングルの撮影やパン・チルトなどが手軽にできる点に驚いた。撮影後も、映像ソフトでブレ軽減をかけたり歪み補正をする手間がないため、編集作業を短縮できるという。プロ機材並みの映像が初心者でも簡単に撮影できる点や、4Kビデオカメラとしては安価な点は魅力的。運動会やアウトドア、スポーツなどの撮影で活躍しそうだ。

グリップの裏にあるボタンを押すと、カメラの方向を固定する
グリップ裏のボタンを3回押すとカメラがクルッと回って「自撮りモード」に。2回押すとカメラが元の向きに戻る

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART