このページの本文へ

サムネイル画像付き番組表が見やすい! 東芝「レグザサーバー」新機種登場

2015年10月15日 11時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
レグザサーバー「DBR-T670」
レグザサーバー「DBR-T670」

 東芝は10月15日、全録レコーダーの「レグザサーバー」およびBlu-ray Discレコーダー「レグザブルーレイ」の新機種を発表した。

 レグザサーバー「DBR-T670」(11月下旬発売予定、予想実売価格11万円前後)は、3番組の同時&常時録画が可能なBlu-ray Discレコーダー。HDD容量は3TB。

本体背面。比較的シンプル
本体背面。比較的シンプル
フロントカバーを開いたところ。BDドライブも搭載する
フロントカバーを開いたところ。BDドライブも搭載する

 録り貯めた番組を番組表形式で表示する「過去番組表」が新しくなり、番組のサムネイルを表示できるようになった。番組ジャンルによってサムネイルの取得タイミングが異なり、たとえばスポーツでは結果がわからないように前半の方を取得。なお、30分未満の番組に関してはサムネイルは表示されない。

サムネイル表示のオン/オフが選べる サムネイル表示のオン/オフが選べる
サムネイル表示付きの過去番組表
サムネイル表示付きの過去番組表
未来番組表で番組を選び、「保存予約」を選択すると過去番組として録画される 連ドラ予約も可能だ
未来番組表で番組を選び、「保存予約」を選択すると過去番組として録画される連ドラ予約も可能だ

 また、(未来の)番組表から番組を指定して過去番組として保存する「保存予約」が可能で、連ドラの保存予約にも対応する。通常は常時録画の指定をしていないチャンネルや時間帯の番組は、いわゆる普通の録画予約をする必要があり、これで録画をしてしまうと過去番組表には反映されない。しかし、新機種では番組を指定して過去番組として録画することで、過去番組表への反映が可能となる。

「DBR-T660」
「DBR-T660」

 常時録画機能を搭載しないレグザブルーレイはいずれも11月上旬に発売予定。ラインナップは、3チューナー&2TB HDDを搭載する「DBR-T660」(予想実売価格 9万円前後)、3チューナー&1TB HDD搭載の「DBR-T650」(同8万円前後)、2チューナー&1TB HDD搭載の「DBR-Z620」(同7万円前後)、2チューナー&500GB HDD搭載の「DBR-Z610」(同6万円前後)の4機種となる。

アイコンが大きくなったスタートメニュー 録画リストの一覧表示も項目が増えている
アイコンが大きくなったスタートメニュー録画リストの一覧表示も項目が増えている

 共通しているのは、番組表は表示領域を拡大するなど、GUIの見やすさと表示スピードが向上していること。スタートメニューに巨大のアイコンを採用したり、録画リストが8個表示から12個表示になっている。

 このほか、外付けストレージなどへの全番組のバックアップの際に、未バックアップの番組のみを選定して保存する機能も追加されている。

据え置き型BDプレーヤーの「DBP-S600」 据え置き型BDプレーヤーの「DBP-S600」も同時に発表。11月中旬発売で、予想実売価格は1万4000円前後

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART