このページの本文へ

「フリーソフト入れたら検索ツールが変わってた」も防ぐ

カスペルスキー2016年版はウェブサイトの行動追跡を防止、プライバシー保護を強化

2015年10月13日 20時06分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
セキュリティソフトの最新版「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」

 カスペルスキーは10月13日、セキュリティソフトの最新版「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」を発表した。

価格とラインアップ

 10月15日より同社オンラインショップにて、11月12日より店頭でパッケージ版を発売する。現在2015年版を購入したユーザーは2016年版に無料でアップグレードできる。価格は3980円(1年1台版、ダウンロード版)から。

 同ソフトはWindows、Mac、Androidに対応し、最新版のWindows 10やMac OS X 10.11(El Capitan)に対応する。

2016年版の主な新機能

 新機能の「Webトラッキング防止」は、ターゲット広告などに使われるウェブトラッキング(行動追跡)を防止し、サイト上の追跡サービスを検知して、その数をレポートする。

 アプリケーションのインストール時に、ユーザーが意図しないブラウザーの設定変更がおこなわれることを防ぐ「システム変更コントロール」も備える。監視対象となる設定変更は、ホームページに設定しているURL、登録している検索エンジン、各種ツールバー、デフォルトのブラウザー変更、プロキシサーバーの設定など。

行動追跡を検知し数をレポートする「Webトラッキング防止」ユーザーが意図しないブラウザーの設定変更を防ぐ「システム変更コントロール」

 そのほか、Mac版には「ネット決済保護」機能を追加、Android版には有害サイトへのアクセスをブロックする「保護者による管理」機能を追加した。

 これらの機能は個人用ポータルサイト「マイ カスペルスキー」を利用してリモートで操作や状態の確認が可能だ。

Mac版に追加された「ネット決済保護」複数のデバイスの状態を確認したり設定が可能な個人用ポータルサイト「マイ カスペルスキー」
カスペルスキー 代表取締役社長 川合林太郎氏は、「日本は高齢化に向かっていくので、『カスペルスキーはギーク向け』というイメージを刷新してユーザーを広げたい」と話した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART