このページの本文へ

メガスターの大平技研とBlue-ray Disc原盤製作技術が合体

投影恒星数世界最多! 10億個以上の星を映し出す「ギガマスク」

2015年10月13日 19時03分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GIGAMASKの恒星原板(恒星に相当する微細な穴が開けられている)  

 大平技研は10月13日、ソニーDADCジャパンと共同でプラネタリウム投影恒星数で世界最多となる超精密恒星原板「GIGAMASK(ギガマスク、仮称)」を共同開発したと発表した。

 大平技研は世界最多プラネタリウム「MEGASTAR(メガスター)」で知られる大平貴之氏のプラネタリウム・メーカー。ソニーDADCジャパンはBlue-ray Disc原盤製造装置を製作・販売する企業。高密度光ディスクマスタリングにより世界最小となる直径200nm(ナノメートル)の極微穴加工技術を開発。1等星から20等星までの微光星までを正確に再現、全天投影時の星の数は10億個になる。

Blue-ray Discの原盤を製造する技術を転用している

 大平技研ではこれまで、1998年に従来の100倍以上となる170万恒星投影可能な「MEGASTAR-I」、2004年には560万恒星の「MEGASTAR-II cosmos」などを開発。プラネタリウムの投影恒星数最多を維持しており、今回10億という新たな投影数の領域に達した。

肉眼でも見えないような等級の星でも映し出すことでプラネタリウムに圧倒的な表現力を持たせることができる 

 恒星原板の光学的仕様は従来型のMEGASTARと互換性があり、MEGASTAR-II以上の機種であればGIGAMASKへのアップグレードも可能。どのプラネタリウム施設かは未定ながら、年内にGIGAMASKがお披露目されるという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART