このページの本文へ

SDKの更新や多言語対応など一気に広がるGoogleハコスコな世界

スマホで世界中を疑似体験、Googleの段ボールVRがストリートビューに対応

2015年10月13日 15時40分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アプリは無料、スマホと簡易VRキットだけで世界中(ストリートビューがある地点)を体感  

 グーグルは10月12日、段ボール製ボディーにスマホをセットする簡易VR「Google Cardboard viewers」をさらに強化、多言語対応や新SDKおよびストリートビューへの対応を発表した。

 Google MapのストリートビューがGoogle Cardboardに対応、360度ビューが記録された世界中の地点を体験できる。また、Android/iOS用アプリ「Google Cardboard」は日本語を含む39言語に対応するなど広く利用できる。

段ボール製の簡易キットだけでなく、マテルが販売するVRトイ「Mattel View-Master」などでも手軽に楽しむことができる。  

 さらに開発者用ツールキット(SDK)も更新され、加速度センサーやジャイロセンサーの信号の統合アルゴリズムを見直し映像のドリフト(横滑り)を減少したという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART