このページの本文へ

買収総額はおよそ670億ドル(約8兆円)の見込み

【速報】デルがEMCを買収へ、ヴイエムウェアは独立を維持

2015年10月12日 21時30分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米デルと米EMCは米国時間10月12日、両社の統合について最終合意したことを発表した。デルおよびマイケル・デル氏、投資会社連合がEMCの株式を買収する。

EMCのWebサイトにも大きく「DELL&EMC」の文字が

 発表によると、デル、同社会長兼CEOのマイケル・デル氏、投資会社のMSDパートナーズとシルバーレイクの企業連合が、1株あたり約33.15ドルでEMC株を買収する。この買収は、現金およびヴイエムウェアのトラッキングストックで行われ、総額は約670億ドル(約8.05兆円)と見込まれている。

 なお、EMC傘下のヴイエムウェアについては、引き続き独立した株式公開企業として運営されるとしている。また、EMCの会長兼CEOであるジョー・トゥッチ氏は、買収取引完了まで現職を務める。

 発表の中で両社は、「デルとEMCが統合することで、プライベートカンパニーとして世界最大のインテグレーテッド(統合)テクノロジー企業が誕生する」と述べている。買収は2017年2月までに完了する見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ