このページの本文へ

ソニーの最新スマホ「Xperia Z5 Compact」が早くもアキバ店頭に登場!

2015年10月10日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルが海外で発売した、最新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z5」シリーズの小型モデル「Xperia Z5 Compact」(E5823)が早くもアキバ店頭に登場。Jan-gle秋葉原本店と同3号店にて販売がはじまっている。同店における販売価格は、8万4800円(税抜)だ。

国内発売に先駆け、ソニーの最新スマホ「Xperia Z5 Compact」が店頭初登場。高機能を4.6型サイズに凝縮した小型モデルで、入荷したのはSIMフリー仕様の海外モデルだ

 9月に発表された、ソニーモバイルの新たなフラッグシップスマートフォンのファミリーから、第1弾モデルが店頭にやってきた。先陣を切って入荷したのは、「Xperia Z5」や「Xperia Z5 Premium」の兄弟機にあたる、4.6型サイズの小型モデルXperia Z5 Compactだ。

 上位機種と比較して、ディスプレーの解像度やメモリー容量は異なるものの、オクタコアプロセッサーや高速オートフォーカス対応の高性能カメラ、指紋認証機能など、コンパクトサイズに同等の機能が凝縮されている。なお今回入荷したのは、SIMフリー仕様の海外モデルだ。

HD解像度のディスプレーや2GBメモリーなどの一部仕様を除けば、機能はほかのモデル同等。史上最速AF対応のカメラを備えるほか、側面の電源ボタンには指紋認証機能が搭載されている

 主な仕様は、ディスプレー解像度が720×1280ドット、プロセッサーはオクタコアの「Qualcomm Snapdragon 810」(2GHz+1.5GHz)、メモリー2GB、ストレージは32GB。ボディーは防水・防塵に対応するほか、電源ボタンにはシリーズ初の指紋認証機能を搭載。主要スマートフォンで史上最速となる約0.03秒オートフォーカスに対応した2300万画素メインカメラ、ハイレゾ音源再生機能などが実装されている。

 ネットワークはBluetooth 4.0、NFC、無線LANをサポート。通信規格は、LTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40などに対応している。

SIMスロットと並んで最大200GBサポートのmicroSDカードスロットを装備。歴代シリーズ同様に防水・防塵に対応、microUSB端子はキャップレス仕様だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART