このページの本文へ

背面の半透明ガラスがイイ! Xperia Z5の実機をチェック!

2015年10月10日 15時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモからは大中小の3モデルが登場するXperia新シリーズだが、本命はやっぱり中サイズで5.2型の「Xperia Z5」だろう。このモデルのみ、ドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアから発表される。ドコモとソフトバンクは発表会を開催し、実機を触ることができたので、そこでの写真を中心にお届けする。

同じガラスながら、半透明なフロストガラスを採用することで従来モデルと大きくイメージを変えた「Xperia Z5」

 Xperia Z5のデザイン面での最大の特徴は背面の「フロストガラス」。これまでの透明なガラスと異なり、曇った見た目ながら、同時にサラサラとした手触りを実現している。その結果、指紋が目立ちにくく、かつ持ちやすい。特にゴールドのカラバリはキラキラとはしておらず、爽やかな見た目。これまでの各種のゴールドモデルにはない金色は好ましく感じた。

White以外は前面が黒なのはこれまでと同じ
半透明で爽やかな金色が魅力的
こちらはWhiteとGreenの背面
Graphite Blackは硬めの鉛筆の芯のような色合いだ

 また、これまでの丸型だった電源キーも横長のものに変更された。ここには指紋認証センサーが内蔵されており、電源キーを押すのと同時にロック解除が可能。右手で持っても左手で持っても、電源キーを探す必要はなくなり、使い勝手はかなり良さそうだ。

カメラキーも含めて右側面にキーは配置されている。右手で持つ場合はちょうど親指の位置に電源キーが
左側面にはXperiaロゴが彫られている。キャップレスのmicroUSB端子が下部にあるのはZ4と同じ

 ディスプレーは従来のZ4と同様の5.2型フルHD液晶。オクタコアCPUのSnapdragon 810、3GBメモリー、32GBストレージなども共通。Z4と比較すると若干厚みを増しているが(Z4が6.9mmでZ5が7.3mm)、大きな差は感じられない。Z4からの代表的な強化点はリア2300万画素/イン510万画素のカメラだ。

前面が白いWhiteモデル
窓付きカバーは今回も用意される
こちらはソフトバンク版のゴールドモデル。ロゴの位置やプリインストールアプリ以外は3キャリア版ともほぼ共通で各社の最新ネットワークに対応する
左からドコモ版、au版、ソフトバンク版。背面のロゴが異なっている

 デザイン面で大きく変化したXperia Z5は3キャリアとも10月下旬の発売予定。


ドコモ「Xperia Z5 SO-01H」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約72×146×7.3mm
重量 154g
CPU Snapdragon 810(MSM8994)
2GHz+1.5GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
OS Android 5.1
最大通信速度 下り最大225Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz/TD-LTE
キャリアアグリゲーション
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:2300万画素/イン:510万画素
バッテリー容量 2900mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ
フルセグ
NOTTV
ハイレゾ再生
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5/X8/IP6X
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約350時間/約440時間
連続通話時間(3G/LTE) 約740分/約1160分
カラバリ White、Graphite Black、Gold、Green
発売時期 10月下旬

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART