このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

1型センサー搭載のファインダー重視&スリムコンデジがキヤノンから発売に

2015年10月13日 13時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PowerShot G5X」を手に持ったところ
「PowerShot G5X」を手に持ったところ

 キヤノンは10月13日、1型の大型センサーを採用した高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G」シリーズ2機種を発表。「PowerShot G5X」(同社オンラインショップでの税抜予想価格 9万1800円)と「PowerShot G9X」(同5万9800円)で、ともに10月22日発売予定となる。今回はいち早く実機に触る機会を得たので写真とともに紹介する

PowerShot G5X
PowerShot G5X

 「PowerShot G5X」は、1型(2020万画素)のCMOSセンサーを採用し、光学4.2倍(24~100mm、F1.8~2.8)のズームレンズを搭載する高画質機。

本体背面。自慢のEVFは光軸上に配置されている
本体背面。自慢のEVFは本体中央の光軸上に配置されている
EVFに採用されているレンズ群 本体上面。露出補正ダイヤルも備える
EVFに採用されているレンズ群本体上面。露出補正ダイヤルも備える

 幅112.4×奥行き44.2×高さ76.4mmというコンパクトなボディーながらファインダーでの撮影を重視しており、EVFに236万画素の有機ELパネルを採用。視野角100%で、独自のレンズを採用することで周辺部まで高い解像感で映像を確認できる。

EVFを覗いてみたところ EVFを覗いてみたところ
EVFは「省電力」か「なめらかさ優先」が選べる。また、ファインダー表示で「高速」を選べば120コマ表示となる

 また、EVFは最大で秒間120コマの表示が可能で、より滑らかに被写体を見ることが可能。EVF内の情報表示をカスタマイズできるほか、縦位置で撮影する場合はEVF内の表示もそれに合わせて回転する。

本体前面に電子ダイヤルを配置。奥のレンズ周囲にはコントローラーリングがある
本体前面に電子ダイヤルを配置。奥のレンズ周囲にはコントローラーリングがある
本体側面にはインターフェースが並ぶ。その下にはスマホとの接続用ボタンがある

 このほか、本体前面には電子ダイヤルおよびレンズ周囲のコントローラーリングを備えており、EVFを覗きながらの操作も快適に行なえる。

モニターはバリアングル方式。自撮りも可能だ
モニターはバリアングル方式。自撮りも可能だ

 3型(約104万画素)の背面モニターはタッチパネルかつバリアングル式で、ローアングル&ハイアングルからの撮影でもしっかり画面を確認できる。

上部にアクセサリーシューを内蔵するが、その下にストロボも内蔵している

 本体上部にはストロボを内蔵するが、さらにアクセサリーシューを搭載しており、EOS用のストロボを装着可能。リモートスイッチにも対応する。

(次ページに続く、「薄さ30mmに1インチセンサー&3倍ズームを詰め込んだ PowerShot G9X

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART