このページの本文へ

自分の位置情報をシェアできる

Facebook、友達が近くにいると「通知する」機能を日本で開始

2015年10月09日 18時47分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェイスブックは10月9日、「近くにいる友達」機能を日本国内でも利用できるようになったと発表した。Android版とiOS版に対応する。

 この機能は、2014年9月に一部の国ではじまったもので、Facebook上の友達が近くにいると通知が届く仕組み。また自分の位置情報を共有する相手を、「友達」「親しい友達」「友達リスト」などから選択でき、機能のオン/オフも切り替えられる。現在、デフォルトでは「オフ」に設定されている。

友達が近くにいると通知が届く
機能のオン/オフ切り替えも可能

 位置情報を共有できるのは、自分と友達がお互いにオンに設定し、位置情報を共有する相手に選んでいる場合に限る。「今から1時間だけ」など、時間を指定してより詳細な自分の位置情報を特定の友達とシェアできるオプションも搭載している。

位置情報をシェアできる

■関連サイト
フェイスブック

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART