このページの本文へ

空撮ドローンInspireの三軸ジンバル4Kカメラを手持ちに転用

ドローン最大手DJI、激しいアクションでもブレない手持ち式4Kカメラ「OSMO」

2015年10月09日 17時23分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Osmo

 DJIは10月9日、手持ち撮影でもブレのない滑らかな動画を撮影できる4Kカメラ「Osmo」を発表した。先行予約を開始しており、10月中旬より出荷する。

 手持ちハンドルの上に三軸ジンバルを搭載し、ジンバルに球状カメラがマウントされた構造。加速度センサーの情報からヨー軸、チルト軸、ロール軸をコントロールし、カメラを水平に保ちつつブレを抑えることができる。静止画であれば最長2秒の長時間露出でも三脚なしに撮影できるという。

スティック状ハンドルの上にジンバル装備のカメラが載っている構造で、前後左右に揺れても水平を保つ

 同社の空撮ドローン「DJI Inspire 1」搭載カメラシステムを手持ち化したものと言えるが、実際にInspire 1のカメラと互換性があり、すでにカメラシステム「Zenmuse X3」、「Zenmuse X5/X5 R」のユーザーであればグリップだけを購入してOsmoと同じ撮影環境を構築できる。

ハンドルにはリモコンが配置されており、水平以外にカメラを向けたいときなどに簡単に操作できる

 カメラは1/2.3型センサーと94度広角レンズを採用、最大30fpsの4Kまたは60fpsの1080pの動画および12メガピクセルの静止画が撮影可能。バッテリーを内蔵するグリップは、前面にステレオマイク、背面にはコントローラーを装備し、撮影アングルの変更、静止画/動画切り替えなどを行なえる。リアルタイム画像転送機能を備えており、グリップ側面に装着したスマホを見ながら撮影する。

バッテリーや充電器、スマホホルダーや携帯ケースが付属する

 オンランストアでの価格は8万5000円。高い位置からの撮影が可能な拡張ロッド、自転車にOsmoを装着できるマウントや、OsmoにマイクやLEDライトを装着するためのマウントなどもオプションで用意する。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART