このページの本文へ

調査は今年で9年目

「著名人の名前+mp4」検索は危険、インテル セキュリティが注意呼びかけ

2015年10月07日 20時30分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル セキュリティは、同社による2015年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」の結果を発表した。昨年の第1位は米国の人気司会者ジミー・キンメルだったが、今年はエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のDJ アーミン・ヴァン・ブーレンがトップにランキングされたという。

 同調査は今年で9年目。これまでも同社は俳優やコメディアン、ミュージシャンなどポップカルチャーの有名人のインターネット検索リスクを調査し、その結果を発表してきた。

 同社は、「サイバー犯罪者は、さまざまな賞の授賞式、TV番組、新作映画、音楽アルバムのリリース、有名人カップルの破局などのポップカルチャー イベントへの一般人の関心を悪用する方法を常に探しています。このようなサイバー犯罪者は、一般人の関心を悪用して、マルウェアを潜ませたサイトに誘い込み、パスワードや個人情報を盗みます」と説明。今回の調査では、音楽の無料ダウンロードやミュージックビデオの検索が特にリスクが高いことが判明したという。

 中でも「有名人の名前+無料mp4」「有名人の名前+Torrent(ファイル配布ソフトウェア)」といった単語の組み合わせは頻繁に使用されるため、注意が必要だとしている。なお同社が明らかにした今回の調査結果トップ10は以下の通り。

カテゴリートップへ

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから