このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

絵画だけでなくや立体造形物のレンタルも!寺田倉庫のIT物流を活用したART STANDの事前登録がスタート

2015年10月09日 09時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさん、こんばんは。週刊アスキー/ASCII.jp編集部の吉田でございます。さて10月6日から、アート作品のシェアリングサービス「ART STAND」の事前登録がスタートしたのはご存じでしょうか。ART STANDとは、モーフィングと寺田倉庫の2社が設立した同名の会社が運営するサービスで、絵画などの平面作品はもちろん、オブジェなどの立体造形物を法人・個人が安価でレンタルできるのが特徴です。

テントや椅子、屋台まで借りられるアートシェアリングサービス

ART STANDの加藤晃央代表。モーフィングの代表も務めています

 ART STANDの代表を務めるのは加藤晃央氏。ART STANDでは、絵画などのファインアートはもちろん、服飾、空間演出、インテリアなどのアート作品の預け入れとレンタルができることを紹介しました。

絵画にとどまらず、実際にユーザーが利用できる立体造形物までをレンタルできます

 サービス開始時のアーティスト数は500名、作品数は5300点で、各作品は最短3日、最長6カ月の貸し出しが可能です。

12月上旬のサービス開始時には5300作品のレンタルが可能になります

 気になるレンタル料は、作品の売価の約20%。これに配送料や保険料が加わります。立体作品は実際に座ったり触れたりできるものが多いこともあり、万が一の破損に備えて保険の加入は必須となっています。一般ユーザーにとって絵画を自宅に飾るということは稀ですが、ART STANDで貸し出されている絵画は1カ月のレンタル料が数千円のものもあり、月ごと季節ごとに気軽に絵を掛け替えて楽しめます。また、電飾やテント、テーブル、椅子、ガチャガチャ、巨大フォトフレーム、屋台など、設置するだけでなく実際に利用できる作品もあります。

レンタル料のほか、作品の破損などに備える保険料と送料がかかります。レンタルする作品が大きいほど送料は高くなります

 ART STANDは、ユーザーだけでなくアーティスト側にもメリットがあります。保管料は5作品までは大きさにかかわらず1作品あたり980円で委託できるほか、レンタルや販売を許可した作品についてはART STANDが各種手続きを代行してくれます。毎月保管料を支払うだけで、作品単体の写真だけでなく、各作品が使われるシチュエーションを想定したイメージカットなどの撮影もすべて代行してくれます。例えば、テントなどの作品は実際に屋外でテントは設営して、椅子やテーブル、寝具などを組み合わせて撮影してくれるのです。

アーティストは月額の保管料を支払うだけで、あとはART STANDにすべて丸投げできる感じ

 気になるインセンティブですが、作品が販売された場合は売価の6割、レンタルの場合はレンタル料の40%がアーティストに還元される仕組みです。

販売時はもちろん、レンタル時にもレンタル料の4割がアーティストに入ってくるのが画期的なところ

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART