このページの本文へ

iOS 8と方法が変わったので注意!

iOS 9でアプリ切り替え画面の連絡先を非表示にするワザ

2015年10月21日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさま、こんにちは。

 iPhone、iPadのSpotlight画面やアプリスウィッチャー画面に出てくる「連絡先」使っていますか? 直近に連絡をとった人を候補として出してくれるというもので、iOS 8から搭載された機能です。

 SpotlightとSiriが統合したiOS 9では、この機能がSiriの一部に組み込まれ、連絡を取る頻度や最近の発着信履歴、メッセージの送受信履歴などからSpotlight検索画面に表示をしてくれるようになりました。そして、オン/オフの切り替え方も変わりました。今回はiOS 9でオン/オフを切り替える方法を紹介します。

Spotlight画面に表示される連絡先。iOS 8から搭載された機能です

 「設定」→「Spotlight検索」と進みます。iOS 8のときは「メール/連絡先/カレンダー」だったので、ここからすでに変わっていますね。

「設定」→「Spotlight検索」と進みます

 一番下までスクロールし、「連絡先」をオフにします。これでSpotlight画面に連絡先が表示されなくなります。

一番下までスクロールすると、「連絡先」という項目があるので、オフに

 さらにiOS 9では、よく使うアプリや位置情報も候補として表示してくれるようになりました。iOS 9の目玉機能のひとつでもありますが、必要ないという方もいると思います。その場合は、Spotlight検索の「Siriの検索候補」という項目をオフにしましょう。ここをオフにすると、Spotlightが従来のシンプルな検索になります。

「Siriの検索候補」をオフにするとアプリも表示されなくなります

■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中