このページの本文へ

シャープがロボット型電話(!?)「RoBoHoN」を2016年に発売:CEATEC 2015

2015年10月06日 18時15分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは10月6日、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」の出展概要説明会を開催。手軽に持ち運べるモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を2016年前半に発売すると発表した。

ロボット型電話「RoBoHoN(ロボホン)」
高さ19.5センチと手に収まるサイズ背面にはケータイで見慣れたディスプレーが

「RoBoHoN」はシャープとロボットクリエイターの高橋智隆氏により共同開発された次世代の携帯情報通信端末。二足歩行可能なヒューマノイド型ロボットとしては小さくサイズは高さ約19.5センチ、重量約390g。LTEおよび3G通信に対応し、音声通話のほかメールやカメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載。

 さらに新開発のフォーカスフリーのレーザープロジェクターを内蔵しており、「RoBoHoN」が撮影した写真や映像、地図などを壁や机などに投影できる。

フォーカスフリーのプロジェクターを内蔵

「RoBoHoN」は音声対話で操作。同社が「ともだち家電」や「エモパー」の開発で蓄積した音声技術が採用されており、音声によってユーザーの思考や特徴を理解する。

 発表会にはロボットクリエイターの高橋智隆氏が登壇。ロボット型携帯を開発した経緯に関して「PCなどの機器はどんなに性能が良くても、四角い箱に話しかけるには抵抗がある。RoBoHoNがなぜロボット型かというと、話しかけやすいカタチだから」とコメント。従来のロボットは大型で家族の一員という位置付けだが、ポケットサイズのRoBoHoNは個々のユーザーが持ち歩くパーソナルロボットという位置付けの製品となる。

RoBoHoNを共同開発したロボットクリエイターの高梨智隆氏
シャープブースでRoBoHoNのデモを行なう高橋氏

 RoBoHoNは単なる技術展示ではなく2016年前半に発売を予定している。二足歩行可能でユーザーと音声会話しながら電話としても使えるロボット。スペックなどの詳細は後日発表される予定。RoBoHoNは10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」シャープブースで体験できる。

「RoBoHoN」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 2型液晶
画面解像度 240×320ドット
身長 約19.5cm
体重 約390g
CPU Snapdragon 400(MSM8926)
1.2GHz(クアッドコア)
通信方式 3G/LTE/Wi-Fi(11b/g/n)
基本機能 通話、メール、アプリ
検索、カメラ、プロジェクター
音声認識、顔認識、歩行、起き上がり
発売時期 2016年前半

「CEATEC JAPAN 2015」シャープブースには「RoBoHoN」のほか曲面型フリーフォームディスプレイ、4K放送対応の「AQUOS 4K RECORDER」、8Kディスプレーや8Kテレビなどさまざまな機器が出展される。

参考出展の「AQUOS 4K RECORDER」
8K解像度ディスプレー
ダイヤル型のフリーフォームディスプレーは初出展
こちらも初出展となる曲面型のフリーフォームディスプレー

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART