このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第15回

4000円台で即ポチ推奨Bluetoothポータブルスピーカー「LBT-SPP300AV」

2015年10月06日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エレコム「LBT-SPP300AV」。カラバリにはシルバーのほか、ブラックとレッドがある
エレコム「LBT-SPP300AV」。カラバリにはシルバーのほか、ブラックとレッドがある

 ワイヤレス環境はすっかり定着しつつあり、ローカルネットワークだけでなく、音楽視聴環境でも同様にワイヤレス化が順調に進んでいる。

 現時点ではスマホやノートPCとBluetooth接続する形で使用されるケースが多いといったところだろうか。それもあって多くのメーカーからBluetoothスピーカーが登場している。今回は、Bluetoothポータブルスピーカー「LBT-SPP300AV」をチェックしていこう。

LBT-SPP310AVの前モデルだがドライバーユニットは共通

本体左側面には電源ボタンとボリュームボタンがある。ペアリング時は電源ボタン長押しでスタート。また未接続から復帰しないときも同様の操作でいい本体左側面には電源ボタンとボリュームボタンがある。ペアリング時は電源ボタン長押しでスタート。また未接続から復帰しないときも同様の操作でいい

 LBT-SPP300AVは、今年5月に発売された「LBT-SPP310AV」(関連記事関連記事)よりも前のモデルにあたるが、現在も現行機として販売中である。外観やドライバーユニットの変更がないが、Amazon.co.jpで4000円台で販売されており、LBT-SPP310AVとの性能差を許せるのであればとてもアリ。LBT-SPP310AVとの違いは、AACとUSBオーディオに対応していない点だけだ。

 では形状を見ていこう。LBT-SPP300AVは、幅185×47.5×50mmのコンパクトなステレオスピーカーだ。重量は231gで、最大10時間駆動/最大待受240時間のバッテリーを内蔵しており、室内だけでなく、アウトドアでの使用も視野に入れている。実売4000~5000円の製品からすると、この時点でもかなりお得だ。

本体右側面。曲送り/曲戻しボタン、AUX IN、microUSB端子、マイクがある。またNFCアンテナも右側面にあるようだが、正面からでも接続できたため、厳密な位置はそれほど気にしなくてもいいだろう。なおLBT-SPP300AVなので、microUSB端子は充電用だ本体右側面。曲送り/曲戻しボタン、AUX IN、microUSB端子、マイクがある。またNFCアンテナも右側面にあるようだが、正面からでも接続できたため、厳密な位置はそれほど気にしなくてもいいだろう。なおLBT-SPP300AVなので、microUSB端子は充電用だ

 横から見ると三角形になっており、両サイドに操作ボタンやインターフェースが用意されている。すべての面とも金属部材を採用しており、高級感の演出もあるだろうが、設置した際の安定性を重視していると見ていいだろう。後述しているが、意外と音がいいのだ。

 スピーカーとしてのスペックを見ると、40mmのフルレンジドライバ×2と低音域用パッシブラジエーター×1を搭載している。

 店頭でのポップを見ると、モノラルスピーカーのように思えるものばかりなのだが、単体でステレオスピーカーである(ポップを見たときは売り方としてどうかと思った)。

 また同型機2台をリンクさせてステレオスピーカーとすることも可能だ。出力性能などは下記表を見てもらうとして、カタログスペックだけで見ていくと、それほど大音量で鳴らさないのであれば、十分なものになっている。

正面はパンチング処理をされているため、角度によっては40mmのフルレンジドライバ×2と低音域用パッシブラジエーター×1を視認できる正面はパンチング処理をされているため、角度によっては40mmのフルレンジドライバ×2と低音域用パッシブラジエーター×1を視認できる

 プロファイルなどを見ると、A2DP、AVRCP、HFP、HSPに対応、A2DPコーデックはSBCとapt-Xに対応している。またA2DP時の帯域は20~20000Hz(44.1Hz時)とあるが、再生周波数帯域は100~20000Hzとあるので、多少の割り切りは必要になる。

主なスペック
通信方式 Bluetooth 4.0
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデック SBC、apt-X
コンテンツ保護 SCMS-T
最大登録台数 8台
伝送帯域 20~20000Hz
再生周波数帯 100~20000Hz
再生最大時間 約10時間(SBC)
本体サイズ 幅185×奥行き47.5×高さ50mm
重量 約231g

(次ページに続く、「ベッドサイドやお出かけ用にイイ感じ」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART