このページの本文へ

【ドコモ2015冬春スマホ】4K液晶含む、Xperia Z5が3モデル! なんとNexusも! ― 第12回

背面が鏡面のXperia Z5 Premiumは最強にして、ユーザーは要覚悟!?

2015年10月04日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内ではドコモからの発売が発表された、4K液晶搭載の史上最強のXperiaとなる「Xperia Z5 Premium SO-03H」。発表会での写真を中心にお届けしよう。

4K液晶搭載の最強機「Xperia Z5 Premium」はドコモから発売される
Chromeというカラバリ名どおりに金属的な鏡面仕上げ。美しいのは間違いないが、撮影用にわずかに背面に手を触れただけで、指紋が目立つように
側面の美しさにも注目。Xperiaロゴはさりげなく。電源ボタンは指紋認証機能を持つ
正直なところ写真では端末の色や印象は非常に伝わりにくい。ちなみにオフィシャル素材ではこんな感じ。左がChrome、右がBlack

 4K(2160×3840ドット)解像度の5.5型液晶にまずは注目が集まっているが、実際に手に取ってみると鏡面仕上げの背面がとにかくインパクト大だ。その背面は手鏡としての利用も可能(?)なほどだが、当然ながら、そのぶん指紋はとにかく目立つ。ユーザーはカバーを付けて利用するか、背面の指紋を拭きとるためのクロスを持ち歩く必要がありそうだ。ただそれも苦にならないほどのプレミアム感がある端末なのも確かだろう。

Blackモデルも鏡面仕上げなのは同様。とはいえ、Chromeに比べると、ずいぶんシックな印象

 ディスプレーをのぞく主なスペックはXperia Z5との共通点が多い。CPUはオクタコアのSnapdragon 810(2GHz+1.5GHz)、3GBメモリー、32GBストレージ、2300万画素カメラ(イン510万画素)、Android 5.1など。7.8mmという薄さながら、バッテリー容量は3430mAhと大きく、横幅も約76mmとiPhone 6s Plusより少し小さく、片手ではギリギリ使えるサイズだろう。もちろん防水・防塵にも対応している。

発表会会場では4Kにアップスケーリングした素材の再生や4K動画の配信予定の展示などもあった
大型スマホに慣れたユーザーなら十分に片手で使えるサイズだ

 側面のXperiaロゴも控えめながらも美しいXperia Z5 Premiumは、11月下旬発売予定。実際に入手できるのは少し先となる。

三兄弟のXperia Z5はドコモからは3モデルとも発売される
「Xperia Z5 Premium SO-03H」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.5型液晶
画面解像度 2160×3840ドット
サイズ 約76×154×7.8mm
重量 約181g
CPU Snapdragon 810(MSM8994)
2GHz+1.5GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
OS Android 5.1
最大通信速度 下り最大225Mbps
LTE対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz
/800MHz/700MHz/TD-LTE
キャリアアグリゲーション
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:2300万画素/イン:510万画素
バッテリー容量 3430mAh(交換不可)
FeliCa
NFC
ワンセグ ○(録画対応)
フルセグ ○(録画対応)
NOTTV
ハイレゾ再生
赤外線通信 ×
防水/防塵 IPX5/X8/IP6X
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約510時間/約490時間
連続通話時間(3G/LTE) 約860分/約1330分
カラバリ Chrome、Black
発売時期 11月下旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART