このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

業界人の《ことば》から ― 第164回

分社化でエンプラとプリント/PCを分離したHP、その戦略は吉と出るか

2015年10月03日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「世界で選ばれている数々のナンバーワン製品を、日本の顧客に提供し、日本の企業のグローバル競争力を支援する。それが日本HPの役割になる」(日本HPの岡隆史代表取締役社長執行役員)

分社化しても、たすきがけ人事で緊密な関係を

 8月1日付けで、日本ヒューレット・パッカードが分社化。エンタープライズ製品やサービスなどを扱う日本ヒューレット・パッカードと、PC、プリンタ、ワークステーション、を扱う日本HPとに分社した。

 米ヒューレット・パッカードの分社化は、米国時間の2015年11月1日に行われる予定であり、社名は、それぞれ「Hewlett-Packard Enterprise」、「HP Inc.」となる。日本では、それに3カ月先駆けて、分社化した格好だ。

8月から使い始めている岡社長の名刺

 どちらも本社はこれまでと同じ東京都江東区大島。日本ヒューレット・パッカードの代表取締役社長執行役員の吉田仁志氏は、日本HPの社外取締役に就任。また、日本HPの岡隆史代表取締役社長執行役員は、日本ヒューレット・パッカードの社外取締役に就任する「たすき掛け人事」。ビジネスは別々の体制というが、日本においては、緊密な関係が維持されるものになりそうだ。

 分社化以降、公の場において、同社トップがなんらかの発言をするということはなかったが、9月11日に東京・有明のビッグサイトで開催された「IGAS(International Graphic Arts Show=国際総合印刷機材展)2015」にあわせて行われた同社の新製品発表会見で、日本HPの岡隆史代表取締役社長執行役員が、初めて分社化について言及した。

 日本HPの岡隆史代表取締役社長執行役員は、「新会社になってから、公の場で挨拶するのは今回が初めてのこと」と前置きしながら、「ビジネスPC、インクジェットプリンタ、レーザープリンタ、デジタル印刷機、ラージフォーマットプリンタといった世界ナンバーワンの製品を数多く持つのがこの会社の特徴。日本では、デスクトップPCやワークステーションでもナンバーワン。また、個人向けPCでは、世界第2位のシェアを持つ」とコメント。「世界で選ばれている製品を日本の顧客に提供し、グローバル競争力を支援することになる」と続けた。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ