このページの本文へ

13,3型モバイルノートを2カ月使って感動した話(2)

dynabook R73の軽快・パワフルな「デスクワーク性能」に惚れた

2015年11月19日 09時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook R73

 先日、東芝の13.3型「dynabook R73」の持ち運びやすさに感動したという記事を書きました。今度は「デスクワークでの使い勝手」をレポートしてみたいと思います。

タイピングは小気味よくできる

 まずはdynabook R73のキーボード。キーピッチ19mm、キーストローク1.6mmで、タイピングは小気味よく行なえます。仕事でノートパソコンを使用する場合、打鍵感は結構重要です。カチャカチャ音が鳴ったり、キーピッチが狭くて打ち間違えたりすると集中力が落ちてしまうのですが、dynabook R73はそれがないので仕事も捗ります。ただ、タッチパッドが大きめで、ホームポジションに置いていると手のひらが意図せず触れてしまうのが少し気になりました。

 ポインティングデバイスとしては「アキュポイント」が付いているのもdynabook R73の特徴です。こちらは外出先や机のない場所などでサッと操作したい時には便利です。ただ、アキュポイントの操作だと「範囲選択」がしにくくて、仕事で頻繁に行なう画像のトリミングなどには向いてないかもしれません。これは慣れの問題だと思いますが、画像のトリミングなどのときは、個人的にやはりマウス+キーボードが作業しやすいです。オフィスなどで使用する場合はマウスで、外出先ではアキュポイントを使用するのがよいのではないでしょうか。

アキュポイントが付いている画像のトリミングなどはマウスがあったほうがいいかも

13.3型・フルHDを最大限活かす表示領域設定

 dynabook R73のディスプレーは13.3型で、解像度は1920×1080ドット。13.3型でフルHDだと、「文字が小さい」と感じる人がいるかもしれません。dynabook R73は、「画面設定ユーティリティ」の「デスクトップテキストサイズ」のメニューから「最適」「大きいテキスト」「小さいテキスト」「表示領域を最大化」が選べます。

 デフォルトの「最適」と「大きいテキスト」では文字が小さいとは感じないのですが、表示領域が少し狭く、画像編集ソフトなどで細かい作業がしづらいと感じるかもしれません。「小さいテキスト」と「表示領域を最大化」では文字は小さく感じますが、作業スペースが広くて助かります。

 色々試してみましたが、筆者的には「小さいテキスト」にしておいて、文字を読む際にはズーム機能で拡大するという運用がしっくりきました。

画面設定ユーティリティデフォルトで設定されている「最適」のデスクトップテキストサイズ
「大きいテキスト」では表示領域が狭い「小さいテキスト」では文字が小さい。ものの、ズーム機能で拡大すれば快適

USB 3.0×3搭載、モバイル充電器としても活躍

 インターフェースはUSB 3.0端子×3、HDMI出力端子(4K出力対応)×1、ミニD-Sub 15ピンなど。USBはマウス、スマホの充電用、USBメモリーと仕事に必要な物を1度に取り付けられて便利です。特にスマホの充電に使用する場合、dynabook R73のバッテリーが大容量なので、電源がない状態でもスマホのモバイルバッテリーとして安心して代用できるのがいいですね。外出先で、自宅でスマホを充電するのを忘れていたことに気づいても、ケーブルさえあれば即充電できます。

 通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応しています。自宅ルーターをac対応に入れ替えて速さを体感したいところですが、残念ながらそれはまだ実現できていません。

 さて、dynabook R73を2ヵ月使用してきましたが、記事執筆とそれに付随する作業をする上では非常に使いやすい端末だと思いました。スペックもCore i7-4710MQ(2.5GHz)、8GBメモリー(増設)、1TB ハイブリッドHDDを搭載しているため、パフォーマンスも遅いと感じたことはありません。特に複数の画像編集をする際に、8GBメモリーが威力を発揮しており、数十枚単位で編集加工していても「遅い」と感じることはほとんどなかったです。

 製品ページにあるコンセプト「モバイルのために何を省くか、ではなく、光学ドライブをはじめ、必要な機能・性能を快適にモバイルできるようにしつらえた一台」の通り、パソコンをある程度パワフルに使いつつ、頻繁に持ち運びするような業務にはピッタリとくる1台だと思いました。

試用機の主なスペック
機種名 dynabook R73/P
CPU Core i7-4710MQ(2.50GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス4600
メモリー 8GB
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチ ドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×3、、HDMI出力端子(4K出力対応)×1、ミニD-Sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン出力端子×1、SDカードスロット×1
内蔵カメラ 約92万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅316.0×奥行227.0×高さ18.3~26.5mm/約1.52kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)

カテゴリートップへ

インテルバナー