このページの本文へ

インテルとLINEが連携、自撮り写真を送信する飲料自販機を披露

2015年10月02日 16時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルとLINEが、ソフトウェア開発者に向けた技術情報支援とインターネット・オブ・シングス(IoT)対応ソリューションの導入促進を目的とした連携をすることで合意した。

2日インテルは開発者向けセミナー「インテル ソフトウェア・デイ 2015」を開催。この基調講演において、LINEと技術革新で連携すると発表した

 インテルとLINEの両社は、ホームオートメーション、デジタルサイネージ、インテリジェント自動販売機などを含むIoTソリューションの開発を協働して行なっていく。

APIの利用と外部データとの接続によって1to1や双方向のコミュニケーションが可能な「LINE ビジネスコネクト」を通し、リアルタイムなフィードバックキャプチャーとレポート作成などを行なえる「LINE ビジネスコネクト」ならば、各デバイスの専用リモコンやアプリを多数所持する必要はなく、LINEが一括してデバイスと連携できるという

 これら取組みの皮切りとして、本日開催された「インテル ソフトウェア・デイ 2015」において、インテルプロセッサーを搭載した、キリンビバレッジバリューベンダーのインテリジェント自動販売機を披露した。

インテルの「ディベロッパーゾーン」とLINEの「LINE ビジネスコネクト」を活用したデジタルサイネージ自動販売機をキリンビバレッジバリューベンダーが10月より全国主要都市部に展開していく

 この自動販売機は、LINE ビジネスコネクトの活用により実現したフレーム付き自撮り写真提供機能「VENDORPHOTO(ベンダーフォト)」、動画広告機能、緊急地震速報と津波警報を知らせる災害機能、多言語対応を標準搭載している。今後もさまざまなサービスを追加していくことで、これまでの自動販売機にはなかった“わくわく”を提案していくという。

自動販売機で商品を購入すると、写真を撮影してLINEに送信できる。ご当地限定フォトフレームやLINE人気スタンプとのコラボといった企画で、集客を狙えるようにもなっている
5つのフレームがランダムで選ばれ、写真を撮影。撮影した画像は、QRコードでキリンLINE公式アカウントを友達追加し、QRコードの下に書かれたシリアルナンバーを公式アカウントに送信すると、画像が返信される仕組みだ
自動販売機に内蔵されるカメラはマイクロソフトのKinect。サービス利用時のみ画像を取得し、利用者の確認なく画像を蓄積することはないという自販機内部には、インテルプロセッサーを搭載したデジタルサイネージ用のPCが黒いボックスに収められている

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART