このページの本文へ

DSD 5.6MHzのネイティブ再生にも対応

ヤマハがペア10万円のWi-Fi/Bluetooth対応DAC内蔵スピーカー

2015年10月02日 16時10分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハは10月2日、USB DAC内蔵のスピーカー「NX-N500」を発表した。

 DSD 5.6MHzのネイティブ再生と、PCM音源では最大384kHz/32bitまでの再生に対応。インターネットラジオや「radiko」のストリーミング再生、内蔵のWi-Fiによるワイヤレス音楽再生、専用アプリケーション「MusicCast CONTROLLER」によるワイヤレス操作などに対応する。

 ユニットには「ソフトドームツィーター」と直径およそ13cmの「New A-PMD ウーファー」を採用。三方留め構造で剛性の高いエンクロージャー、バイアンプ構成のアナログパワーアンプなど、同社のオーディオのノウハウを活かして設計した。価格は10万8000円。10月下旬の発売を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART