このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ ― 第164回

「Office 2016」「Office Mobile」がもたらす新たな変革

2015年10月02日 11時00分更新

文● 大河原克行、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトが、9月23日から順次提供を開始したMicrosoft Officeの最新版「Office 2016」では、これまでにない、いくつかの新たな取り組みが行なわれている。

9月23日から順次提供を開始したMicrosoft Officeの最新版「Office 2016」

ワークスタイルの変革、セキュリティの強化、
Windows 10との連携

 まずひとつは、具体的な機能訴求を積極化していないという点だ。

 もちろん、チームでの共同作業をサポートする新たな機能や、必要な情報を入手するための新機能「Office Delve」のほか、「Windows Hello」「Continuum」といったWindows 10の機能との連携強化など、Office 2016に進化した上での新たな機能の魅力はいくつもある。

 だが、日本マイクロソフトがOffice 2016のポイントとして打ち出しているのは、テレワークに最適化し、ワークスタイルの変革を実現すること、Windows史上最強のセキュリティ環境を実現していること、そしてWindows 10との完全連携という3点だ。

日本マイクロソフトは、Office 2016のポイントとして、テレワークに最適化しワークスタイルの変革を実現すること、Windows史上最強のセキュリティ環境の実現、Windows 10との完全連携を打ち出している

 これまでのOfficeのローンチでは、それぞれの要素を構成する新機能の説明に力を注いでいたが、今回のOffice 2016のマーケティングメッセージは、どうもそこまで深堀することを考えていないようなスタンスが感じられる。

 ではなぜ、そうしたマーケティング施策を打ち出しているのだろうか。

 ここにはOffice 2016が、常に最新のものにアップデートされるという仕組みの変化が影響しているといえよう。

 日本マイクロソフトの平野拓也社長が、「Office 2016では、これまでのようにバージョンアップまでに3年も待つのではなく、継続的に機能を強化していくことになる」というように、Office 2016の機能は次々に進化する。言い換えれば、かつてのOffice製品のマーケティングのように、個別の機能を積極的に訴求する仕組みが似合わなくなっているともいえるのだ。

 ワークスタイルの変革、セキュリティの強化、Windows 10との連携という3つの訴求は、むしろ、今後のOfficeは、これらの領域において重点的に進化を遂げるというメッセージの裏返しであり、Officeが新たな次元に入っていったことを示すものといえるのだ。

「ぜひ、クロスプラットフォームで使ってもらいたい」

 2つめのポイントは、マルチデバイスを前面に打ち出している点だ。

 5年ぶりのアップデートとなったMac OS X向けの「Office 2016 for Mac」をはじめ、Office 2016では、Windowsだけに留まらず、MacやiOS、Androidでも動作するマルチプラットフォームに対応した点が大きな特徴。9月29日に行なわれたOffice 2016の製品発表会見でも、平野社長自らが、25日に発売されたばかりのiPhone 6sをポケットから取り出して、PowerPoint 2016が動作する様子をみせた。

Office 2016は、Windowsだけに留まらず、MacやiOS、Androidでも動作するマルチプラットフォームに対応した点が大きな特徴
日本マイクロソフト 平野拓也 代表執行役社長。Office 2016の製品発表会見では、iPhone 6s ローズゴールドを手に「Office 2016」版「PowerPoint 2016」をデモ

 こうした話題性を引き合いにマルチデバイス対応を表現してみせたのは、マイクロソフトが掲げる「モバイルファースト」の具現化や、スマホやタブレットを含むデジタルデバイス市場全体における「チャレンジャー」としての姿勢を明確にしたものだといっていい。

 「Office 2016と、最も親和性が高いデバイスは、当然Windows 10になる。だが、ぜひ、クロスプラットフォームで使ってもらいたい」と平野社長は呼びかける。

 日本マイクロソフト社内では、平野社長がiPhone 6sを手にして説明をするべきかどうかという議論はぎりぎりまで行なわれていたようだ。しかし、9月中旬に米サンフランシスコで開催されたセースルフォース・ドットコム主催のDreamforce 2015の基調講演に登壇した米マイクロソフトのサティア・ナデラCEOが、iPhoneを使用したデモストレーションを行なったという前例があり、今回のサプライズ演出につながったようだ。

 ちなみに、平野社長が会見で手にしたiPhone 6sは、話題のローズゴールドのもの。「私の私物ではない」と前置きしながら、「一番話題の製品をお借りしてきた」と平野社長。「私のスマホは、Lumiaだけ」と断言してみせた。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART