このページの本文へ

iRobotにもらったけど「ルンバ」そっちのけでびっくりする

「形状記憶折り鶴」がめちゃすごいです、ご確認ください

2015年10月01日 18時39分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロボット掃除機『ルンバ980』発表会で、iRobotがなぜか布でできた折り鶴をくれた。なんだろうと思っていると「形をくずしても、手の上でポンポンすると戻るんですよ」という。なんだそれは。ためしにバラして、ポンポンすると……

 うおおおおお戻ったああああああ! すげえええええええ!!

 一瞬にしてIQが激減するほど感動した。普通に折り紙のイノベーションのような気がする。ショップでいろんなデザインパターン、もしくはいろんな折り紙のバージョン売ってて欲しいこれ。手裏剣とか。2枚使うかあれは。

 iRobotの代理店によれば、ルンバを日本で発表するにあたり「日本らしいもの」と考え、スマホ連動機能があるという意味で画面クロスを折り鶴にしてはどうかと企画したそうだ。ていうかこれクロスだったのね。普通に便利だな。

ルンバ980。折り鶴とはあんま関係ない

 そういえば『ハウス・オブ・カード』でも、主人公アンダーウッド議員の奥さんが折り紙好きだったなあ。形状記憶折り鶴はポンポンしているうちに折り方が自然と再現されるので、折り紙の基本を学ぶにもいいのかもしれない。

 アスキーのグルメ記事でおなじみナベコちゃんは「イラッとしたときぐしゃぐしゃっとして、ポンポンしているうちにもとに戻るという過程で癒される効果がありそうです」とコメント。そんな見方もあるのか……。

 あまりに感動したのでiPhoneで動画を撮ってツイッターにあげたら死ぬほどのリツイートをいただいた。iRobotはルンバのプロモーションとして「形状記憶折り鶴」を配りまくったらいいと思う。ルンバあんま関係ないけど。


■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社