このページの本文へ

速さ100万倍! 光子コンピューター時代はすぐそこに

2015年10月01日 15時48分更新

文● 盛田 諒(RyoMorita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 光によって、コンピューティングは最終的に100万倍ほど高速になる──。

 そう書いているのは、アメリカ・ユタ大学で電気・コンピュータ工学を研究しているラジェッシュ・メノン准教授。同大学の研究チームが開発している光子コンピューター技術について同大学の学内報で紹介している

 同チームが研究しているのは、プロセッサーに搭載するための超微細ビームスプリッターだ。これまで約100ミクロンほどだったビームスプリッターを2.4ミクロン、髪の毛のおよそ50分の1ほどに超小型化した。

 光子を使えば超高速に情報をやりとりできるが、コンピュータに情報を表示するとき光子を電子に変換する必要があり、遅れが出る。しかしコンピュータのプロセッサーそのものが光子を扱えるようになればボトルネックは解消できる。

 同チームの研究では今までのコンピューターチップが使えるため、コストが安いこともメリットになる。もし「光子スマートフォン」「光子タブレット」ができたら、さらに充電は長持ちし、発熱も少なくて済むだろうという。

 光子コンピューターは遠い未来の話ではない。

 すでにIBMやインテルは電子・光子ハイブリッド型コンピューターの開発をはじめているといい、メノン准教授は、およそ3年後には同チームで開発したビームスプリッタをハイブリッド機に搭載できると考えている。

 初めはスーパーコンピューターやデータセンター、次に自動車やドローンの自動衝突防止機構、そして最終的には家庭用コンピュータやモバイルデバイスへと、徐々に光子が普及していくだろうという観測だ。

 すぐそこにある光子の時代、人間はいったい何をしているのだろう──そう考えたけど、相変わらずゲームをやったり、メールを打っているような気もした。テクノロジーに合わせて人類も進化していくのかな?


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART