このページの本文へ

「Arcstar Universal One イーサネット専用線」新機能

NTT Comの専用線、顧客自身で帯域・経路即時変更が可能に

2015年09月30日 14時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTT Comは9月30日、完全帯域保証型のイーサネット専用線サービス「Arcstar Universal One イーサネット専用線」において、SDN技術を活用し、顧客自身で帯域や経路を変更できる「Arcstar Universal One イーサネット専用線 フレキシブルイーサ(以下、フレキシブルイーサ)」の提供を開始した。国内の専用線としては初めてのサービスという。

 フレキシブルイーサでは、顧客向けポータルサイト「ビジネスポータル」およびAPIから、顧客自身で簡単・迅速に帯域の変更を指定できる。契約帯域100M~1Gまでは100M単位、契約帯域1G~10Gまでは1G単位で変更可能で、帯域変更にかかる時間は約10分という。また、利用料金は増速した帯域に応じた日割合算となるため、コスト面でも効率的としている。

 メリットが発揮できるケースとして、「データセンター間で、バックアップやマイグレーション時だけ増速したい場合」「ECサイトにおいて、セールの時期だけ突発的に大容量の通信が発生することが見込まれる場合」を挙げる。

帯域変更機能のイメージ

 経路変更機能も提供する。全国主要都市の間を最大3ルートで結んでおり、「ビジネスポータル」およびAPIから同様に、ルートを選択して変更できる。経路変更にかかる時間は約15分という。

 「例えば主回線に障害があった場合、副回線への切り替えを自身で行える。特にシングル構成の回線を利用している顧客の場合、障害のあった回線の復旧を待つことなく、迅速に通信を回復できるメリットがある」。

経路変更機能のイメージ ルートは一例

 9月30日から申込受付を開始。帯域変更機能から提供し、12月25日から経路変更機能も提供する。提供エリアは政令指定都市(順次全国に拡大予定)。初期費用は無料で、月額費用は利用帯域に応じた定額料金と、増速した帯域に応じた日額料金の合算となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ