このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 ― 第323回

スーパーコンピューターの系譜 最後のベクトルマシンとなったCray X1

2015年09月28日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回までTeraのMTAアーキテクチャーの系譜を解説したが、Cray Inc.はもう1つの過去の資産を抱えていた。それはCRAY-1から始まる、ベクトルプロセッサーの系列である。

Cray X1

 CRAY Y-MP以降の話は連載279回で書いたが、ベクトル長を増やしたり、プロセッサー数を増やしたり、さらにはSupertek Computersを買収、同社の製品をベースにプロセスのCMOS移行を進めるなど改良を加えつつ、最終的にSGIの傘下でCRAY SV1を開発。

 そしてSV2のロードマップを示しつつもSGIの傘下を離れたことでSV2が消えてしまったところまで紹介した。さてこれがCray Inc.となってどうなったか? というのが今回の話である。

 当たり前だが既存のユーザーが多数いるため、Cray Inc.はSV1までのベクトルマシンについても引き続きサポートを継続しているが、もちろん既存のユーザーからはこれの高性能化を求める声が出ることになる。

 その声を受けてCRAYが投入した最後のベクトルマシンがCray X1である。今回はこのCray X1を解説するが、その前に前身であるSV1の話をしよう。

データキャッシュを追加した
J90の後継マシン「SV1」

 以前連載279回で解説した通り、CRIは自社開発で100MHz駆動のJ90を開発。これを高速化したJ90SEの後で、さらに積極的にプロセス微細化で300MHz駆動を実現したSV1に至る。

 そのSV1のベクトルプロセッサーの内部構造は以下の画像の通り。C90までとの大きな違いは、CPUの内部ブロックとメモリーコントローラーの間に256KBのデータキャッシュが入ったことだろうか。

SV1のベクトルプロセッサーの内部構造。こちらは“Cray SV1 Application Optimization Guide - S-2312-36”からの抜粋。表現の仕方が違うのでわかりにくいが、連載279回で解説したC90の内部構造と非常に似ている

 Crayの場合、以前から命令キャッシュを搭載しており、またJ90の世代では1KBのデータキャッシュも追加されているが、これが256KBに拡張された形だ。

 またSV1では新たにMSP(Multi-Streaming Processor)と呼ばれるものが追加された。これは4つのSV1のベクトルプロセッサーと組み合わせる形で搭載されており、4つのベクトルプロセッサーを1つにまとめる働きをする。

 MSPを使わない場合、各々のベクトルプロセッサーは2つのベクトル命令パイプを持つプロセッサーなのでこれが4つある形だが、MSPを使うとこれがあたかも8つのベクトル命令パイプを持つ1つのプロセッサーとして扱えるようになる。

 下の画像は2000年の頃のSV1のロードマップであるが、当初リリースされた製品は300MHz動作で、ベクトルプロセッサー1個あたりの性能は1.2GFLOPSとなる。これが2001年には500MHzまで動作周波数を引き上げたSV1eが投入され、さらにメモリーサブシステムを強化したバージョンがその後続くことになっていた。

SV1のロードマップ。出典は2000年11月に開催されたSC2000におけるCray Inc.の発表資料より。すでにSV1の拡張版は発表されている時期である

 この時点ではまだSV2の名前が残っているが、それはまた後の話として、もう一度上の画像を見ていただこう。J90のシステムのField Update(客先にCPUモジュールを持っていって交換)が可能、というのがSV1のもう1つの特徴である。

 実際2000年11月の時点で59のJ90ベースのシステムがSV1に交換されており、さらにやはり59システムが新たにSV1ベースで納入され、トータルで2400以上のSV1プロセッサーが稼動していることが明らかにされている。

 これに続くSV1eはすでに2000年にわずかながらサンプル出荷が開始されており、2001年から本格出荷が始まった。プロセスを微細化したことで500MHz稼動が可能になりベクトルプロセッサー1個あたり2GFLOPS、4つのベクトルプロセッサーをMSPで束ねることで8GFLOPSの性能を出すようになっている。

SV1eの概要。PVCがVector Processor+Cache、VA/VBはメモリーI/Fとなる

 このSV1eに、SDRAMを組み合わせることで価格低減と帯域拡張を果たしたのがSV1exというわけだ。

SV1exの概要。資料を読む限り、ここで言及されているSSDはストレージではなくメモリーの延長として扱われている。最近話題になってきたNVDIMMの先取りみたいなものである

→次のページヘ続く (SV2がCray X1に生まれ変わる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART