このページの本文へ

全セキュリティを有効にしても100Gbpsを実現する通信事業者/大企業向け製品

最大200Gbps、パロアルトの次世代FW最上位機種「PA-7080」

2015年09月10日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  パロアルトネットワークスは9月10日、次世代ファイアウォール(NGFW)の最新機種「PA-7080」を国内提供開始した。最大200Gbpsのファイアウォールスループットを実現する、通信事業者や大企業向けの製品。

パロアルトの通信事業者/大企業向け次世代ファイアウォール「PA-7080」

 パロアルトのNGFW、PAシリーズでは、これまでファイアウォールスループット最大120Gbpsの「PA-7050」が最上位機種だった(関連記事)。PA-7080は、それを上回るスペックの新たな最上位機種となる。

 PA-7080ではネットワーク、セキュリティ、コンテンツ検査、管理用におよそ700の特定機能向けプロセッサを搭載しており、最大200Gbpsのスループット、すべてのセキュリティ機能を有効にした場合(Threat prevention throughput)も100Gbpsのスループットを実現する。そのほかIPsec VPNスループットは80Gbps、最大同時接続数は4000万セッション、最大秒間接続は120万セッションとなっている。

 L2およびL3、バーチャルワイヤーのネットワーキングをサポートしており、通信事業者向けのNEBS準拠、前面から背面へのエアフロー、AC/DC電源オプションなども実装している。シャーシ型筐体で、プロセッシングカードの追加によりパフォーマンスやキャパシティを容易に拡張できる。

 またPAシリーズの他製品と同様に、脅威インテリジェンスクラウド「WildFire」、アドバンスドエンドポイントプロテクション「Traps」との連携機能も備える。これにより、ネットワーク/クラウド/デバイスの包括的な防御が可能になる。

カテゴリートップへ

ピックアップ